読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栗東よしおか小児科の院長ブログ

滋賀県栗東市で小児科医院を開業しています。小児の発達、小児の病気、開業準備のことなど書いてます。

不登校の子どもにたちには

こんばんは。

滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

発達外来初診は電話やメールで予約を承ってるのですが、不登校が多いですね。それも中学生、高校生とかも。さすがに高校生は成人科(精神科とか心療内科)をお勧めしてますけど。

 

一口に不登校と言っても、状況は千差万別なので一概には言えませんが、始まって相当な期間がたってるのであれば(数週間?)、まずは現状維持を目指すことをお勧めしています。学校に行かなくても習い事や買い物に出れれば良しとする、外出もしないなら部屋から出て家族と食事が出来れば良しとする。それを維持する。

 

もし可能なら、ちょっとだけ学校に行くのを続けるのが出来れば良いと思います。朝の1時間だけ、昼前の30分だけ、放課後の15分だけとか。ちょっとした目的があるとなお良いですね、花壇の世話とか、ウサギに餌やるとか。よほど本人が希望しない限りは、その程度の時間で切り上げる。

 

一番やらない方が良いと思うのは、周りの大人が欲を出して、あわよくば長い時間学校にいるように誘ったり、勉強を長めにさせようとしたりすること。

 

不登校の子たちは概して、本人自身ではうまく説明出来ない何かに疲れているので、彼らのスローペースに付き合うようにしましょう。目標は、今学校に行くことではなく、子どものより良い将来なのですから。