読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栗東よしおか小児科の院長ブログ

滋賀県栗東市で小児科医院を開業しています。小児の発達、小児の病気、開業準備のことなど書いてます。

B型肝炎ワクチンの接種控えがほとんど無いことに感動しています!

こんばんは。

滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

3日前頃から、このブログのアクセスが普段の10倍以上に増えていてどうしたことかと思ったら、ツイッターリツイートで拡がったみたいですね。しかも結構前に書いた記事で。「日本死ね」もこうやって拡がったのでしょうか。たくさんの人に読んでもらって、想いが伝わるのは良いなと思っております。

 

今月に入り、4月生まれの赤ちゃんのワクチンデビューの予約が入るようになってきました。そこで驚いたのが、大方の予想に反して、B型肝炎ワクチンも公費へ切り替わるのを待たずに初めから接種される方が現時点で大半だということです。ちゃんと説明していますよ、10月まで見合わせれば無料ですよって。でも、待っている間に感染を受ける可能性があるなら接種しますという方ばかりです。

 

私は正直、10月まで誰も接種しなくなると思い込んでたので、かなり驚いて感動しています。他の医療機関はどうなんでしょう。ともかく、ワクチンの重要性を理解してくれてる方が思ってたよりもたくさんいたことが、とてもうれしいです。