読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栗東よしおか小児科の院長ブログ

滋賀県栗東市で小児科医院を開業しています。小児の発達、小児の病気、開業準備のことなど書いてます。

汗とワセリン

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

前回に続いて湿疹治療について書きます。当院でも治療が上手く行って、保湿のみか弱いステロイドをたまに外用するくらいで落ち着いていた湿疹の患者さんが、最近になり痒みが出てきて湿疹が悪化するケースが増えてきています。

 

原因はおそらく汗。暑い日が増えてきて汗をかくようになってきましたよね。乾燥する冬から引き続き熱心に外用、保湿してきた患者さんで、その軟膏や保湿剤のワセリン成分で汗の蒸散が抑えられ、その汗刺激や皮膚温の上昇でかゆみが出てきているようです。

 

そういう時は、軟膏はクリーム剤に、ヒルドイドソフトはヒルドイドローションに変更した方が良いかもしれません。ワセリンパックでは特に汗をかきやすい部分は気持ち少なめに使って下さい。うちに来てくれている患者さんも、そうなる前に変更してきたつもりですが、つい変更し損ねた方もいるようです。心当たりの方は次の受診まで待たずに早めに再診してください、申し訳ないです。

 

これからの季節、ワセリンの影響抜きにしても汗のかゆみで湿疹が悪化するのは避けられません。夜の睡眠中などの汗で無意識に掻いてしまわないよう、風邪をひかない程度に部屋はなるべく涼しく、お風呂もぬるめか、シャワーくらいにしておきましょう。