読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栗東よしおか小児科の院長ブログ

滋賀県栗東市で小児科医院を開業しています。小児の発達、小児の病気、開業準備のことなど書いてます。

小児の在宅医療を始めました!

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

7月に入り開業前から宣言してた小児の在宅医療を始めました。やっと始めたかって思われてるでしょうか。もう1年過ぎましたからね。いわゆる寝たきりだったり人工呼吸器を装着してるなどで外来受診が困難な患者さんの中でも、成人と小児ではその背景となる病態や大局的な治療方針も全然違うので、成人を診ている在宅医療の先生も小児には慎重になることが多く小児在宅医療を行う医療機関は全国的に不足してるんです。私は勤務医時代はその対象となる重症心身障害児の子たちに随分成長させてもらったので、開業したらぜひ小児在宅をやって恩返しができればと思っていたわけです。

 

複雑な診療報酬制度を理解したり、いろいろ申請しなきゃいけなかったり、足りない医療器具を購入したりと、準備が大変でした。幸い、当院看護師はほぼ重症心身障害児医療の経験者で、事務も含めてスタッフが結構やる気で協力してくれたのでとても助かりました。初日は緊張しましたが何とか無事終えることが出来ました(至らぬ点も多々あった気がしますが)。

 

実は重心医療はそれなりに経験してきましたが在宅医療はゼロです。普通は実際の往診を見学させてもらったり、講演や勉強会に出たりしてから満を持してスタートするんでしょうけど、私はほとんどせずに始めてしまいました。スポーツや楽器のように、ただ上手な人がやるのを見ても座学で技術を勉強しても、実際に自分で始めてみないと身に付かないことってありますよね。そんな風に当院の在宅もとりあえず始めてから、足りないところは患者さんや連携各所、在宅されてる先生方に教えてもらいながら進めて行こうと思っております。

 

というわけで、しばらくは拙い在宅医療かもしれませんが、御指導、御鞭撻のほどよろしくお願いいたします。