読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栗東よしおか小児科の院長ブログ

滋賀県栗東市で小児科医院を開業しています。小児の発達、小児の病気、開業準備のことなど書いてます。

カサカサが治らないけどワクチンデビューの時にでも相談しようと思ってるなら、そこまで待たずに早めに受診した方が良いですよ

診療方針

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

クリーム塗ってるんですけどなかなかカサカサが治らないんですって患者さん。前回の記事では進んでしまった乾燥肌で保湿剤を塗る回数が足りない場合を書きました。もう一つはすでに乾燥だけではなく湿疹になってるケースがあります。特に1-2ヶ月の赤ちゃんでお母さんは湿疹という認識がないことが多くて、湿疹になってますよと言うと驚かれることもあります。顔、胸腹、肘の内側、手首、膝裏、足首など、乾燥肌の中に強めの発赤を伴ってる状態は湿疹を伴ってることが多いです。こうなると保湿剤だけでは治りません。躊躇せず にステロイド剤を使って一度ささっと治してしまいましょう。下手に保湿剤だけで粘ると皮膚はますます壊れて行きます。一度良い状態に戻してから保湿でキープすることを目指す方が上手く行きます。

 

こういう話のやりとりが2ヶ月のワクチンデビュー時にとても多いです。あんまりひどい時はステロイド剤を処方して1週後くらいに再診いただき、治癒の程度を確認させてもらって、そのまま定期受診になることもあります。まあワクチンデビュー時でも良いんですが、早く治療に入る方が早くきれいになるし食物アレルギーの発症予防にもなるので、しつこいカサカサで発赤が目立つ時は2ヶ月まで待たずに早めに受診して下さいね。