栗東よしおか小児科の院長ブログ

滋賀県栗東市で小児科医院を開業しています。小児の発達、小児の病気、開業準備のことなど書いてます。

ここは院長ブログです。公式ホームページとインターネット予約はこちらへどうぞ。

栗東よしおか小児科 - 栗東よしおか小児科のホームページ

インターネット、携帯電話からの予約は以下のリンク(アイチケット)からお願いします。一般外来は当日の順番予約のみ、予防接種は60日前から予約できます。

https://park.paa.jp/park2/clinics/1465 ←インターネット予約はこちらから

子宮頸がんワクチンの積極的勧奨とかどうでもいい

こんばんは。滋賀県栗東市栗東よしおか小児科院長の吉岡誠一郎です。

 

子宮頸がんワクチン(以下HPV)の積極的勧奨再開が進みそうですね。なぜでしょうね、何か新しいことでもわかったのですか?新しい調査や研究結果が出ましたか?多分何にも変わってないですよね。肯定派の人たちが一生懸命に働きかけ続けたからようやく動き出したんでしょうかね。

 

こんな主体性のない国の勧奨なんかで、HPVワクチンに不安を持って接種を控えてる人たちが急に安心して接種し始めるものですかね。正直、私は積極的勧奨なんかで急に接種率が上がるなんて全く思っていません(予想が外れたらうれしいけど)。実は私のHPVワクチンに対する不安はくすぶり続けています(暇な人は大昔の私のブログを見てください)、それでも皆さんに勧めるのはそれよりはるかに子宮頸がんに罹患して地獄を見る可能性がずっとずっと高いからです。

 

本当はもっと調査研究を進めて欲しいと思っています。よく副反応を否定する根拠として挙げられる名古屋スタディは、中身をよく確認すると全く糞みたいな内容です。あんなもので安心なんて全く出来ません。

 

とはいえ、1~2年前から接種者は着々と増えてはいます。うちには結構遠方からも来られています。聞くと、近くの小児科や婦人科に問い合わせたら、「誰も接種してませんよ」とか「検診をちゃんと受けてれば大丈夫ですよ」とかで遠回しに断わられることが多いようです。患者より医者を勧奨しないといけないですね。

 

本当に不安で接種を控えていた人たちを動かすのは、信頼する医師の勧めと周囲に接種している人がいることだと思います。私は国の積極的勧奨なんてどうでもいいと思っています。国に勧奨再開を迫ることよりも、接種を控えている人たちに坦々と接種の必要性を伝えていくことが医者のやるべきことと信じています。

 

子宮頸がんワクチン接種、積極的勧奨再開へ 厚労省部会が容認(産経新聞) - Yahoo!ニュース

発達の遅れを指摘されたときでも、日々楽しく過ごすことを止めないことが正解です

こんにちは。滋賀県栗東市栗東よしおか小児科院長の吉岡誠一郎です。

 

いくら世界中がコロナ禍だろうと、煉獄さんが言うように時は止まって待っててくれないわけで、子どもは1歳半となり、3歳半となり、そして一定数の1歳半なのに言葉が出ないとか、3歳半で集団活動に入れないだとかという発達の問題に直面する家族が出てきます。ある割合で地域の乳幼児健診での指摘で気付かされますが、保育所や幼稚園で指摘を受けることも多いようです。「病院受診してみたらどうですか?」「発達検査を受けた方が良いんじゃないですか?」てな感じで結構いきなり言われるみたい(言われた方はいきなりと感じてるけど、もっと前から遠回しに伝えられてるのに自覚してなかっただけかも)。

 

一時期は発達障害(今は神経発達症とか言うんですけど)、早期診断が重要と言われた時期もありました。このときはかなりのADHD自閉症スペクトラムの子が、ポーンと小学校入学で通常学級に放り込まれて、手を付けられないくらいの二次障害を伴うひどい状態になることがしばしばあるのが背景にありました。でも早期発見診断を啓発し過ぎたせいで、診断だけつけられて(しかも低年齢なのでかなり曖昧な)、適切な対応もされずに保護者を絶望させるだけになってるケースが増えたような気がします。早期診断したからって、ガンみたいに早期の薬や手術で完治するものではないですからね。

 

発達障害でもそうでなくても、子どもは発達していくものというのは、私が医者駆け出しの頃から指導医に教えられたし、自分自身の臨床経験からもそう思います。発達を妨げるような悪い環境になってないかだけ気にしていれば良いと思います。悪い環境かどうかは、日々の日常を子ども自身も家族も笑って楽しく過ごせていれば大概大丈夫です。発達障害を治すための○○療法とか○○トレーニングとか、全てを否定はしませんが、子どもからも家族からも笑顔が消えるほど無理してやらないで下さいね。

本当はインフルエンザワクチンはみんな接種した方が良いんだけど

こんばんは。滋賀県栗東市栗東よしおか小児科院長の吉岡誠一郎です。

 

9月も半ばを過ぎました。例年ならこの時期には既にインフルエンザワクチンの予約が開始されてたと思うんですが、今年はなかなか難しい状況です。明らかに供給量が減ることがわかっています。実際どのくらい減るのか、いつから納品されるのかなど正確な情報が来ないのです。

 

昨年は政府がコロナとインフルの同時流行が怖いからと高齢者優先で接種を推奨し、自治体からは補助が出ることになり、いつもは接種しない人までするようになったりで、昨年は昨年で混乱してました。今年だって全く状況は変わらないのに、昨年全く流行しなかったからか完全にインフルエンザに関してノーマークになっていますね。対コロナの感染対策でインフルが流行しなかったのだから、今年も大丈夫だろうというのは見通しが甘いと思います。同様に昨年流行しなかったRSウイルスが、今年は大流行したのです。

 

随分お待たせしましたが、ようやく連休明けの9/21(火)から、かかりつけ登録のある小学校入学前の乳幼児さんから予約を開始します。かかりつけ登録の有無や年齢の確認が出来ないため、今年はネット(アイチケット)からの予約受付はしていません。インフルエンザ脳症などのリスクが高い乳幼児から優先してワクチンを確保する目的です。小学生以上でかかりつけで受診をしていただいてる患者さんはもうしばらくお待ちください。例年は保護者や成人の患者さんでも希望されれば接種するのですが、申し訳ありませんが今年は確約出来ません。

 

予約方法もややこしくてすみません(詳細はホームページをご確認下さい)。悩みに悩んだ方法です。本当は流行を出来るだけ抑え込もうとするなら、子ども本人だけでなく同居家族みんなが接種するのが理想です。コロナ同様にインフルエンザも多くの重症患者が出るウイルスです。「今年はワクチン足りませーん、しょうがないですねー」じゃなくて、もうちょっと真剣に在庫を確保するように、対策に取り組んでくれる行政であって欲しいです。

コロナワクチンを接種しない権利を主張する人たちへ

こんにちは。滋賀県栗東市栗東よしおか小児科院長の吉岡誠一郎です。結局コロナワクチンのことを書きます。要望も多いので。

 

集団免疫って言葉が一般化して説明しやすくなって嬉しいです。ワクチンは個々の感染や重症化を防ぐのはもちろん、多くの人が接種することで社会全体の流行が抑えられます、これを集団免疫といいます。このために持病のために接種出来なかったり、体質でワクチン効果がない人でも感染から守れます。さらにまあまあ胸糞悪いことに(言葉が汚くてすいません)、このおかげで麻疹や水痘など一切ワクチン接種しない人たちも感染せずに済んでいます。

 

新型コロナの収束は国民ほとんどが感染しつくされるか、ワクチンの接種率が上がり集団免疫を獲得しない限りは長期にわたり難しいでしょう。現状のきまりでは、感染者(ワクチン接種の有無にかかわらずですが)が出ればその濃厚接触者や所属団体(部活とか事業所とか学校とか)の活動は制限されて2週間自宅待機や休業休校を強いられます。

 

コロナワクチンを接種しないのも権利だと主張する人たちは、もちろん自分が罹患して重症化してお亡くなりになっても自己責任とお考えでしょうが、あなた方がまとまって無人島にでも行っていただかないことには、周りのワクチン接種した人たち(もしくは接種がやむえず出来ない人たち、子供たち含めて)まで多大な損害を被るわけですよ。

 

2回も痛い思いをして数日腕が挙がらず熱も出て、さらに将来的な副作用が万が一でもあるかもしれないという不安を抱えて、みんな接種しています。誰だってしなくて良いならワクチンなんてやりたくないですよ。接種しない権利を振りかざして、ちゃっかり周りが形成してくれてる集団免疫に守られて、ちょっとずるいんじゃないのと個人的には思います。

 

ほとんどの国民が反対したオリンピックが強行されたのを見て、こうやっていつかこの国は憲法も変えて戦争を始めるのだろうかと怖くなりました

こんばんは。滋賀県栗東市栗東よしおか小児科院長の吉岡誠一郎です。

 

コロナとワクチン以外の話もたまには。新型コロナ感染者数は減少傾向で、東京オリンピックパラリンピックも閉幕し、最近のニュースやワイドショーは自民党総裁選のことばっかりやってますね。こっちの派閥がどうだとか、党員票がどうだとか。我々の国のトップを決めるのに、我々国民は蚊帳の外ですね。

 

菅さんの国民へ向けた演説はちょっとかわいそうなくらい頼りないものでした。これがもし欧米のメルケルさんやジョンソンさんのような人で、国民に行動制限を呼びかけることが出来ていれば、流行がもう少し抑えられて犠牲者も少なかったかもしれません。でも私は今の政府が凄いと思ったのは、ほとんどの国民が開催を反対していたオリンピックを強行したことでした。開催自体があり得ないくらいだったのが、いつの間にか観客を入れるかどうかという話になっていき、何とか無観客だったけれども最後までやり切りましたね。そして直接的にコロナの感染者を増やさなかったかもしれませんが、国民の関心を感染拡大から目を逸らせてしまい、大都市の医療崩壊につながりました。

 

怖いことです。こうやってどれだけの国民が反対しても、この国は一部の人により憲法も変えられて、戦争も始まって行くのかもしれないと思いました。中国や北朝鮮、香港の国家権力の横暴をニュースで見ても、別の世界と思っていましたが、日本もそう変わらないのかもしれないです。

子どもを新型コロナから守りたければ、ワクチン接種出来る家族は全員接種するのが最低条件です

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」院長の吉岡誠一郎です。

 

ようやく新型コロナの第5波もピークアウトしてきたようですね。今回すでにワクチン接種が高齢者から開始されていたおかげで、これまで重症化患者の大部分を占めていた高齢者が減って、65歳未満の中年層以下がメインとなりました。また、今回流行したデルタ株はこれまでの株より子どもにも感染しやすく、以前より学童保育や放課後デイなどの施設でのクラスターが増えました。

 

この先第6波が来るかわかりませんが、来るとしたら既にワクチンを済ませてるであろう12歳以上の人々は守られるでしょうけど、今現在も接種したくても出来ない小学生、乳幼児の間で大流行するのではと心配しています。以下のリンクのように、海外の一部では2歳以上の子どもに接種を始めたところもあるようですが、日本を含めて主要な先進国では子どもの接種は進んでいないし、次の国内の流行には間に合いそうにありません。今後流行する変異株は間違いなくこれまでより小児を重症化させるだろうし、恐怖でしかありません。

 

今、子どもたちを守るために出来ることは、ワクチン接種率を可能な限り増やして集団免疫を構築して流行全体を抑えることです。家族に小さなお子さんがいるのにワクチン接種を迷っている方がいるのに驚いています。ご自分だけではなく、ワクチンで守ってあげられない子どものためにも、出来る方は接種して欲しいと思います。

 

news.yahoo.co.jp