栗東よしおか小児科の院長ブログ

滋賀県栗東市で小児科医院を開業しています。小児の発達、小児の病気、開業準備のことなど書いてます。

ここは院長ブログです。公式ホームページとインターネット予約はこちらへどうぞ。

栗東よしおか小児科 - 栗東よしおか小児科のホームページ

インターネット、携帯電話からの予約は以下のリンク(アイチケット)からお願いします。一般外来は当日の順番予約のみ、予防接種は60日前から予約できます。

https://park.paa.jp/park2/clinics/1465 ←インターネット予約はこちらから

コロナワクチンを接種しない権利を主張する人たちへ

こんにちは。滋賀県栗東市栗東よしおか小児科院長の吉岡誠一郎です。結局コロナワクチンのことを書きます。要望も多いので。

 

集団免疫って言葉が一般化して説明しやすくなって嬉しいです。ワクチンは個々の感染や重症化を防ぐのはもちろん、多くの人が接種することで社会全体の流行が抑えられます、これを集団免疫といいます。このために持病のために接種出来なかったり、体質でワクチン効果がない人でも感染から守れます。さらにまあまあ胸糞悪いことに(言葉が汚くてすいません)、このおかげで麻疹や水痘など一切ワクチン接種しない人たちも感染せずに済んでいます。

 

新型コロナの収束は国民ほとんどが感染しつくされるか、ワクチンの接種率が上がり集団免疫を獲得しない限りは長期にわたり難しいでしょう。現状のきまりでは、感染者(ワクチン接種の有無にかかわらずですが)が出ればその濃厚接触者や所属団体(部活とか事業所とか学校とか)の活動は制限されて2週間自宅待機や休業休校を強いられます。

 

コロナワクチンを接種しないのも権利だと主張する人たちは、もちろん自分が罹患して重症化してお亡くなりになっても自己責任とお考えでしょうが、あなた方がまとまって無人島にでも行っていただかないことには、周りのワクチン接種した人たち(もしくは接種がやむえず出来ない人たち、子供たち含めて)まで多大な損害を被るわけですよ。

 

2回も痛い思いをして数日腕が挙がらず熱も出て、さらに将来的な副作用が万が一でもあるかもしれないという不安を抱えて、みんな接種しています。誰だってしなくて良いならワクチンなんてやりたくないですよ。接種しない権利を振りかざして、ちゃっかり周りが形成してくれてる集団免疫に守られて、ちょっとずるいんじゃないのと個人的には思います。

 

ほとんどの国民が反対したオリンピックが強行されたのを見て、こうやっていつかこの国は憲法も変えて戦争を始めるのだろうかと怖くなりました

こんばんは。滋賀県栗東市栗東よしおか小児科院長の吉岡誠一郎です。

 

コロナとワクチン以外の話もたまには。新型コロナ感染者数は減少傾向で、東京オリンピックパラリンピックも閉幕し、最近のニュースやワイドショーは自民党総裁選のことばっかりやってますね。こっちの派閥がどうだとか、党員票がどうだとか。我々の国のトップを決めるのに、我々国民は蚊帳の外ですね。

 

菅さんの国民へ向けた演説はちょっとかわいそうなくらい頼りないものでした。これがもし欧米のメルケルさんやジョンソンさんのような人で、国民に行動制限を呼びかけることが出来ていれば、流行がもう少し抑えられて犠牲者も少なかったかもしれません。でも私は今の政府が凄いと思ったのは、ほとんどの国民が開催を反対していたオリンピックを強行したことでした。開催自体があり得ないくらいだったのが、いつの間にか観客を入れるかどうかという話になっていき、何とか無観客だったけれども最後までやり切りましたね。そして直接的にコロナの感染者を増やさなかったかもしれませんが、国民の関心を感染拡大から目を逸らせてしまい、大都市の医療崩壊につながりました。

 

怖いことです。こうやってどれだけの国民が反対しても、この国は一部の人により憲法も変えられて、戦争も始まって行くのかもしれないと思いました。中国や北朝鮮、香港の国家権力の横暴をニュースで見ても、別の世界と思っていましたが、日本もそう変わらないのかもしれないです。

子どもを新型コロナから守りたければ、ワクチン接種出来る家族は全員接種するのが最低条件です

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」院長の吉岡誠一郎です。

 

ようやく新型コロナの第5波もピークアウトしてきたようですね。今回すでにワクチン接種が高齢者から開始されていたおかげで、これまで重症化患者の大部分を占めていた高齢者が減って、65歳未満の中年層以下がメインとなりました。また、今回流行したデルタ株はこれまでの株より子どもにも感染しやすく、以前より学童保育や放課後デイなどの施設でのクラスターが増えました。

 

この先第6波が来るかわかりませんが、来るとしたら既にワクチンを済ませてるであろう12歳以上の人々は守られるでしょうけど、今現在も接種したくても出来ない小学生、乳幼児の間で大流行するのではと心配しています。以下のリンクのように、海外の一部では2歳以上の子どもに接種を始めたところもあるようですが、日本を含めて主要な先進国では子どもの接種は進んでいないし、次の国内の流行には間に合いそうにありません。今後流行する変異株は間違いなくこれまでより小児を重症化させるだろうし、恐怖でしかありません。

 

今、子どもたちを守るために出来ることは、ワクチン接種率を可能な限り増やして集団免疫を構築して流行全体を抑えることです。家族に小さなお子さんがいるのにワクチン接種を迷っている方がいるのに驚いています。ご自分だけではなく、ワクチンで守ってあげられない子どものためにも、出来る方は接種して欲しいと思います。

 

news.yahoo.co.jp

9/30以後の木曜日はしばらく終日休診になります

こんにちは。滋賀県栗東市栗東よしおか小児科院長の吉岡誠一郎です。

 

半年ぶりの更新になります。まあまあ重要なお知らせがあり、自らを奮い立たせて書いております。9月30日の木曜日以降、しばらくの間、木曜は終日休診にさせていただくことになりました。

 

私の疲労が溜まってるとか、スタッフの人手不足とか、働き方改革(今誰も言わなくなりましたね)だとかという理由ではないです。単純に私が社会生活に必要な用事をする時間が無いのです。例えばですね、今思いつくだけで、市役所にマイナンバーカードをもらいに行くとか、飼い犬の予防接種とか、自宅敷地の雑草抜きとか、、、。市役所は平日しかやってないし、ちょっと前まで日曜診療してたかかりつけ動物病院は働き方改革とかで日曜定休になるし、雑草抜きは日曜でも出来るけど空いてる日に限って大雨だったりとかね。開業して月日が経ち、休診日でも健診やら会議やら休日診療やらで何かと拘束されることが増えて、最近のコロナウイルスワクチン当番でとどめを刺されました。

 

非常勤医にお願いすることも少し考えましたが、私は自分の中では自分が誰よりも最善の小児医療をしてるつもりなので、他の医師に任せるには抵抗がありました。

 

とりあえず年内の木曜は朝から休診の予定です。コロナワクチン当番がひと段落するであろう来年以降は再開出来ればなと思ってますが、現在のところ未定です。ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。

 

このブログも出来るだけ書こうと思っています、ネタはいっぱいあるんですけどね。意志が弱い人間なので、一旦書かなくなると再開するのが大変です。また半年後になったらごめんなさい。

HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)がいろいろ変わりました

こんにちは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

子宮頚がんワクチンがいろいろ変わりました。まず昨年12月より国内の「ガーダシル」を男子にも接種出来るようになりました(自費のみですが)。子宮頚がんワクチンはヒトパピローマウイルス(以下、英語を略してHPV)という性感染症の原因ウイルスを予防するもので、HPVワクチンと言われます。HPVは子宮頚がんだけでなく、中咽頭がん、肛門がん、陰茎がんなどの原因にもなるので男子への接種も有効です。なぜ咽喉のがんの原因になるかはご想像の通り。オーストラリアやアメリカでは既に男子も公費で接種出来ます。男性の方が性風俗店などの利用頻度を考えると圧倒的に感染リスクが高いでしょうから、男性こそ接種すべきワクチンかもしれませんね。

 

また話題の9価ワクチン「シルガード9」がついに日本上陸しました。当院でも今月から接種可能となっております(9歳以上の女子)。これは従来のサーバリックスが2価(全体の70%を占める2種類のHPVに対応)、ガーダシルは4価(2価に加えて、尖圭コンジローマの原因となるHPV2価を併せて)なのに対して、シルガード9はガーダシルが持つ4価にさらに5つの子宮頚がんの原因型が追加され、90%をカバー出来るようになっています。海外ではこちらが主流になっております。ただし、現状自費接種のみになり以下のようにかなり高価です。経済的余裕があるなら、お勧めしたいと思います。

 

当院ではサーバリックス、ガーダシルは税込16000円×3回接種で計48000円、シルガード9は税込28000円×3回接種で計84000円です。シルガード9はいつか定期接種になるのではと思いますが、この価格差なので残念ながらかなり先の話かと思います。

 

最後に、まだ副反応が怖くて接種を躊躇している保護者の方へ。これだけ勧められても接種せずにいて、お子さんが将来、子宮頚がんとなり命を落とす、何とか助かっても子宮を失うようなことになったら激しく後悔するでしょう。接種して恐れていた重篤な不可逆的な副反応が起きても激しく後悔するでしょう。その両者の違いは、頻度という数字のみです。子宮頸がんは74人に1人が発症するのです、重篤で不可逆的な副反応は天文学的な低頻度です。怖い怖いと我々に不安をアピールされても、その頻度の違い以上に説明することはありません。どうするかは親としての責任のもと、ご自身でよくお考え下さい。

この国の感染対策なんて、布マスクを全国民に配っている時点であきらめましょう

こんにちは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

長らくブログを放置してしまいました。ここ数年、個人的にいただく年賀状にはブログを読んでますとか、楽しみにしてますという一言を添えられてることが多かったのですが、今年はついに一人もありませんでしたw

 

久しぶりということで、とりあえず新型コロナのことを書こうと思います。都会では年末年始に急増した後、現在では少し減少傾向に入ってきてるようですね。ここ滋賀県では1日30人ほどの新規感染者が増えも減りもせず続いています。これだけ大阪、京都に通勤などで行き来してる人が多いのに、ほんまかいなと正直思います。当院でも疑われる症状の方にはちょくちょく検査を出してますが、今までのところ陽性者はゼロです。

 

マスコミでは、年末のGoToトラベルの中止の遅れ、飲食店の時短要請、緊急事態宣言の遅れなど、政府の対策への批判が毎日のように取り沙汰されてますね。もうね、この国の感染対策なんて、布マスク(アベノマスク)を全国民に配っている時点で期待してはダメってことだと思っています。国民のみんな一人一人が自分が感染しないさせないように頑張るしかないでしょう。

 

感染対策の分科会がこの第3波ではことさらに会食自粛を強調してるのは、やはり直接の飛沫感染がかなり主要な感染経路になってることがわかってきたのでしょうね。学校や医療機関ではよく机や床や手すりにアルコールをかけて拭き拭きしてますけどあんまり意味がないのかもしれません。コートにアルコールをシュッシュッしたり、帰宅したら真っ先にシャワーを浴びるとか、私はやり過ぎに思います。人と会って直接会話をすることを可能な限り減らすことに注力した方が良いのではと思います(マスクするのは当たり前ですし、マスクも完全ではありません)。

 

あと予防という点でワクチンですね。草津栗東でも準備が始まっています。このワクチンによる重大な副反応のアナフィラキシーショックは従来のインフルワクチンなどより多い(インフルワクチンが100万人に1人に対して新型コロナは10万人に1人)とされてますが、いっても10万分の1です。草津栗東だと人口が合わせて20万くらいだから2人位は発生するかもしれません。でもアナフィラキシーショックには特効薬(エピネフリンという注射薬)があるしワクチン接種会場では必ず常備されますので安心して接種してください。新型コロナに感染する可能性の方が現時点でもずっと高いし、感染したら効く薬もほとんどありませんからね。