読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栗東よしおか小児科の院長ブログ

滋賀県栗東市で小児科医院を開業しています。小児の発達、小児の病気、開業準備のことなど書いてます。

ロタ腸炎に五苓散は期待できないので必ずロタワクチンは接種しましょう!

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

長らく猛威を振るっていた感染性胃腸炎がようやく収束してきたようですね。いちいち検査はしてませんが、おそらくノロウイルスでしょう。五苓散坐薬が大活躍で、1人だけ十分に効かずに入院となりましたが、点滴になったのもその1人だけであとの全員によく効いてくれました。通常なら確実に点滴になるような嘔吐の仕方をしてても五苓散で回避出来るのだから、もっと普及すれば良いのになあと思います。

 

で、年が明けて暖かくなるにつれて増えるのがロタウイルスです。ロタとノロは症状が少し違います。ノロは最初の嘔吐がひどいところを乗り切って下痢が出てくれば治っていくことが多いですが、ロタは下痢がひどくて脱水が進みます。五苓散は下痢には効きません。つまり、ロタには五苓散は効かないということです(まあ、ロタの嘔吐には効くと思いますが)。

 

ですから、これからワクチンデビューする赤ちゃんは遅れることなくロタワクチンを必ず始めましょう。これからの季節、乳児期早期にロタにまともにやられたら、ひとたまりもありません。という当院もまともにワクチンをネット予約しようとすると3-4週は埋まってます。デビューの方は早く受けられるように調整するので、お気軽に直接電話で御予約下さいね。