栗東よしおか小児科の院長ブログ

滋賀県栗東市で小児科医院を開業しています。小児の発達、小児の病気、開業準備のことなど書いてます。

ここは院長ブログです。公式ホームページとインターネット予約はこちらへどうぞ。

栗東よしおか小児科 - 栗東よしおか小児科のホームページ

インターネット、携帯電話からの予約は以下のリンク(アイチケット)からお願いします。一般外来は当日の順番予約のみ、予防接種は60日前から予約できます。

http://park.paa.jp/clinic/1465/ ←インターネット予約はこちらから

脳の機能異常のために気が付いたら動いてしまっている子に、言い聞かせて出来るようにさせようとするのは

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。看護師、医療事務、脳波技師ともにまだまだ募集中です。

 

発達外来は新患をストップしているのに発達障害に関して記事を書くのは気が退けるのですが、需要があるみたいのなので、たまには書こうと思います。自閉症スペクトラムASD)はそれそのものを理解するところからして難しい上に、患者さん個々でも大きく異なることが多いので、一律にどう対応するかを論ずるのは難しいのですが、ADHD(注意欠陥・多動障害)は比較的理解しやすいです。ADHDASDが併存している子も多いので簡単ではないですが、今回はADHD(特に多動優勢)のみあってASDや知的障害(MR)の要素が少ない例に関して考えてみようと思います。

 

通常私たちは目や耳から入ってくる情報・刺激を、ほぼ無意識に脳で必要か不要かを判断して生活しています。周りで話をしている他人がいても、テレビがつきっぱなしでも、目前の会話相手の言葉を理解することが出来ます。ADHDの子たちはそれが難しい、どんどん入ってくる視覚聴覚の情報・刺激を脳で上手く処理できない、それで気が付いたときには目前の会話相手をそっちのけで、刺激にまっしぐらに向って行ってしまいます。ポイントは気が付いたら動いてしまっているというところです。保護者や先生たちはADHDの子に、席から立ち歩いてはいけません、列から離れてはいけませんと、懇々と言い聞かせるかもしれません。そのときは彼らは素直に聞いてても、再度実際に現場に入ると刺激に引っ張られて、立ち歩き、列から離れてしまいます。もう一度言います、気が付いたら動いてしまっているのです。

 

脳の機能異常のために気が付いたら動いてしまっている子に、言い聞かせて上手く出来るようにさせようとするのは、眼の見えない人によく見るように言い聞かせること、耳の聞こえない人によく聴くように言い聞かせるのと同じことなのです。全く無意味ですよね。これで上手く出来ない度に叱られていたら自己評価は下がる一方です、高い可能性で症状は悪化していきます。

 

じゃあ、どうすれば良いか?

 

一つはまず入ってくる余計な刺激を減らすことです、周囲に人がたくさんいて好き勝手行動していて、おもちゃがごちゃごちゃに散らばっていて、テレビが点いていてという状況ではADHDの子は刺激が多すぎて処理できません。だから刺激を減らすのです、少ない人数、静かな環境、整然とした部屋など。通常学級でADHDの子を最前列で教師の目の前の席にするのは、この最も初歩的な方法です。後ろの席では他児の様子が、窓際や廊下側では外の様子が気になってしょうがありません。必要であれば特別支援学級に移ることも、長い将来を考えればためらうべきではありません。刺激の少ない環境で、少しずつ刺激を調整する訓練をするのです。完全に出来るようにならなくても将来社会で自立していけるレベルには持って行けます。

 

もう一つは薬物療法です。ADHDだけ(ASDやMRや学習障害やいじめや虐待などが無い)の児で最も効果が出ます。眼の見えない人の眼鏡に、耳の聞こえない人の補聴器に匹敵するほどです。これは上述の外部刺激を減らすという努力との併用が前提です。通常学級に押し込んでおくために投薬しようとする保護者や先生がいますが、それこそ本末転倒です。

 

あと、薬物治療に関して重要なことがあります。保護者が十分納得理解していない段階で薬を始めては絶対にいけません。学校が保護者に薬を飲むように説得しようとするケースを時々見かけます(教育者として薬に頼らずに良くしてみせるくらいのプライドを少しは持って欲しいもんですが)。子ども本人は自分の状況をよく理解出来ていないので服薬を希望させるまで持って行くのは難しいこともありましょうが、少なくとも保護者が疑問を持っていたら上手く行きません。

 

まとめます。必要なのは、刺激を少なくして落ち着いて行動しやすい環境を調整すること、保護者が十分納得した上での薬物療法です。希望を持って愛情かけて根気よく言い聞かせ続けても、出来る日は来ないかもしれません。だって、気が付いたら動いてしまっているんですから。

子どものてんかんについての講演会します

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

告知です。以下のように講演会します。まだぼんやりとしか決めてませんが、あまり教科書的なことばかりでなく、なるべく具体的な症例を多く紹介して「てんかん」という病気の見通しを持てるような内容にしようと思ってます。

 

ご興味、お時間おありの方はどうぞ。

f:id:yoshisei830:20171111173632j:plain

インフルワクチンの予約再開のお知らせ

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

まだまだ看護師、医療事務、脳波技師募集中です。いずれも急募です。よろしくお願いします。

 

若干数のインフルエンザワクチンが確保できましたので、当院かかりつけ患者さんとその家族に限り再開しました。直接窓口だけでの予約となります。三歳未満のかかりつけ登録をしていたり、定期受診中だったり、ずっと当院で定期接種を受け続けてきたのにお断りした患者さんには、わかる範囲でこちらから連絡させていただいていますが、もしまだ連絡がない心当たりの方は、ご連絡下さい。

 

なお予定数に達ししだい終了となりますのでご了承下さい。申し訳ございません。

だいたいウンコになるメイアクトをそれでも出し続ける先生の熱い反論を聞きたい!

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。まだまだ、看護師、医療事務、脳波技師とも募集中です。よろしくお願いします。

 

メイアクトやフロモックス(ジェネリックだとセフジトレンピボキシル、セフカペンピボキシル)などの第3世代セフェム抗菌薬をほとんど処方しなくなって久しいですが、私の場合、その理由はそれらの薬が持つピボキシル基という構造が低カルニチン血症を引き起こして低血糖や脳症の原因となった報告が相次ぐようになったからでした。なんのこっちゃわからないかもしれませんが、ご興味おありなら過去記事読んでみてください。

 

最近ではそういった副作用とか関係なく、そもそもほとんど腸から吸収されず効かないから意味がないって、「だいたいウンコになる薬(DU)」なんてディスられたりして、感染症専門の先生からもボロクソに言われるようになっています。確かに昔はよく使っていたけどメイアクトやフロモックスがすぱっと効いた例の記憶もあまりないかもしれないです。そういうわけで、周囲の滋賀医大系列の小児科の先生では使っているのを見たことないし、若い先生は用量すら知らないんじゃないでしょうか。

 

その中でもやっぱり頑なに出している先生はいるんですよね、耳鼻科とかが多い。溶連菌に対して5日間出される先生も多いですね、ほとんど吸収されなくても抗菌薬に弱い溶連菌なら効くのでしょうか、やってみたことないからわかりませんが。

 

こんなに無効だと断言されている薬をそれでも出し続けるのは、何か思う所があるのでしょう。あまり親しい先生の中にはいなくて出来ないのですが、ぜひ聞いてみたいです。メイアクト、フロモックス不要説に対して熱く反論してくれる先生いないですかね。実は効いてんだよバカヤロー!って感じのを。

子宮頚がんワクチン、全く痛くないってよ。

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

先週の「コウノドリ」は子宮頚がんの話でしたね。他のワクチン関連の重い疾患はほとんど子どもに発症するものなので見たことがあるものが多かったですが、子宮頚がんは見たことが無かったので、なるほど妊娠中に発見されるケースがあるんだなと興味深く見ました。子宮頚がんワクチンに関しては、ちょっと笑ってしまうくらいコンパクトにまとめられていましたね。でも、副反応を心配する保護者の気持ちにも配慮した演出で好感が持てましたね。

 

ところで国は放っておいて、当院では積極的勧奨することになった子宮頚がんワクチンですが、ちょっとずつ接種希望される方が増えてきました。副反応とされている症状が少なからず注射時の痛みに関連しているとのことで、希望者には痛み止めのテープを注射前に貼るようにしています。そうしたところ、みなさん全く(!)痛みが無いそうです。皮フ表面に貼るテープですし、筋肉深くに注射するこのワクチンではそれほど効果無いかもと思っていましたが。注射時だけでなく、注射後しばらくしても特に痛みが増すこともないようです。

 

ということなので、注射のときの痛みが心配で子宮頚がんワクチンをためらっているなら、全く心配せずに接種しに来てください。なお、当院では学生さんに配慮して同ワクチンは夕診枠で接種しています。痛み止めのテープは希望される際は注射の1時間くらい前に貼るので、18時以前に一度来院いただくことになりますので、ご了承下さい。

コウノドリを見て隠岐の島の思い出話を書いてみました

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

当院ではいまだに看護師と医療事務、脳波技師を募集中です。てんかん、小児在宅医療、アトピー、喘息、発達障害などに興味がある方、お気軽にご連絡下さい。

 

ドラマ「コウノドリ」の2作目が始まりましたね。1作目は世間の絶賛をよそに途中で挫折して見るのを止めてしまいましたが、今度は初っ端が、10年前に私が1年ほど勤務してた隠岐の島が舞台ということで懐かしさもあり観てみました。

 

実際にドラマでは、本当にちょっとだけしか出てこなかった上に、隠岐の島でも島前という私がいた島後とは少し離れた離島しか映らなくてちょっと残念。(隠岐の島はいくつかの離島が集まった島で、私が勤務してたのは比較的人口も多い方の島後というところでした)

 

でも、隠岐のことがいろいろ思い出されたので書いてみようと思います。当時、地方の大学病院にいた私が医局からの脱藩を表明したために、それに対する分かり易すぎる制裁人事により隠岐の島の1人小児科医として赴任しました(もちろん、その後に滋賀に帰ることを許可するという条件で)。島で小児科医が1人ということで、一番ネックはドラマにもあるように新生児でした。子どもはいくら重症になるのでも、事故など以外はいきなり最初っから重症ということは少なくて、あ、ちょっと悪くなりそうだなってタイミングを逃さなければ、ヘリで本土に送れるんです。でも、赤ちゃんはいきなり重症から登場(出生)してくれます。赤ちゃんに限りませんが、あまりに重症になると搬送も出来なくなっちゃうから(搬送のストレスで死亡するリスクのため)、そういう時はもう離島の孤独な小児科医としては悪夢の状況なのです。

 

ところがです、ちょうど赴任するときになんと島から産科医がいなくなって島でお産が出来なくなるという、全国的にも話題になるくらい島民としては悲しい事態に、唯一島で私1人だけが不謹慎にもラッキー!な状況になったのです。不思議なことに島では産科医は1人もいないのに、助産院はあるし(産科医がいないからと休業されてました)、勤務してた病棟には7人くらいも助産師資格を持つ看護師が働いていて、彼らはやっぱり悔しそうでしたね。

 

そうこうしてると、やはり全国的に話題になっただけに静岡で開業準備中のある産科の先生がご厚意で数ヵ月だけ島に来てくれて、お産が再開となりました。私もそういうことならと覚悟決めて赤ちゃんを診るようになりました。初めの頃、その産科の先生は積極的で、多少のリスクがある妊婦さんでも本土に送らずに島で出産させようとしてくれてました。その気持ちは有難いながらもちょっと怖いくらいで、助産師さんも怖がってたので、私は意を決して「新生児は胎内で問題が無さそうでも出生して大きな問題が判明することがしばしばあること、生まれてすぐは軽症と思われてたのが後々脳性麻痺などで出生前後に問題があったことがわかるなどあるから、慎重を期して欲しい」と話しました。ケンカなったらどうしようと思ってたのですが、とてもよくわかってくださって安心したのをよく覚えています。

 

幸運にもスタッフにも恵まれ、私が赴任中に本土に搬送するような赤ちゃんはほとんどいませんでしたが、1人だけ重症仮死で生後1時間足らずで亡くなりました。「loss of variability, 基線細変動の消失」という私は教科書でしか見たことないような最悪の胎児心拍パターンで緊急帝王切開になり、生後かろうじて心拍があるだけの真っ白な赤ちゃんを、帝王切開の前立ち(産科医1人だから助手を他の外科医がやってた)してた泌尿器科医の先生と、偶然小児心臓外来に来ていた小児循環器の先生とで頑張って蘇生したのですがダメでした。あの時は多分本土でも救命は難しかったと思いますが、今思い出しても結構ショックな出来事でした。

 

結局私の勤務も終わる頃には、産科も本来の派遣元である島根県から2人も来るようになり、小児科も2人は必要だろクソ野郎と思いながら島を離れたのでした。