栗東よしおか小児科の院長ブログ

滋賀県栗東市で小児科医院を開業しています。小児の発達、小児の病気、開業準備のことなど書いてます。

ここは院長ブログです。公式ホームページとインターネット予約はこちらへどうぞ。

栗東よしおか小児科 - 栗東よしおか小児科のホームページ

インターネット、携帯電話からの予約は以下のリンク(アイチケット)からお願いします。一般外来は当日の順番予約のみ、予防接種は60日前から予約できます。

http://park.paa.jp/clinic/1465/ ←インターネット予約はこちらから

コウノドリを見て隠岐の島の思い出話を書いてみました

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

当院ではいまだに看護師と医療事務、脳波技師を募集中です。てんかん、小児在宅医療、アトピー、喘息、発達障害などに興味がある方、お気軽にご連絡下さい。

 

ドラマ「コウノドリ」の2作目が始まりましたね。1作目は世間の絶賛をよそに途中で挫折して見るのを止めてしまいましたが、今度は初っ端が、10年前に私が1年ほど勤務してた隠岐の島が舞台ということで懐かしさもあり観てみました。

 

実際にドラマでは、本当にちょっとだけしか出てこなかった上に、隠岐の島でも島前という私がいた島後とは少し離れた離島しか映らなくてちょっと残念。(隠岐の島はいくつかの離島が集まった島で、私が勤務してたのは比較的人口も多い方の島後というところでした)

 

でも、隠岐のことがいろいろ思い出されたので書いてみようと思います。当時、地方の大学病院にいた私が医局からの脱藩を表明したために、それに対する分かり易すぎる制裁人事により隠岐の島の1人小児科医として赴任しました(もちろん、その後に滋賀に帰ることを許可するという条件で)。島で小児科医が1人ということで、一番ネックはドラマにもあるように新生児でした。子どもはいくら重症になるのでも、事故など以外はいきなり最初っから重症ということは少なくて、あ、ちょっと悪くなりそうだなってタイミングを逃さなければ、ヘリで本土に送れるんです。でも、赤ちゃんはいきなり重症から登場(出生)してくれます。赤ちゃんに限りませんが、あまりに重症になると搬送も出来なくなっちゃうから(搬送のストレスで死亡するリスクのため)、そういう時はもう離島の孤独な小児科医としては悪夢の状況なのです。

 

ところがです、ちょうど赴任するときになんと島から産科医がいなくなって島でお産が出来なくなるという、全国的にも話題になるくらい島民としては悲しい事態に、唯一島で私1人だけが不謹慎にもラッキー!な状況になったのです。不思議なことに島では産科医は1人もいないのに、助産院はあるし(産科医がいないからと休業されてました)、勤務してた病棟には7人くらいも助産師資格を持つ看護師が働いていて、彼らはやっぱり悔しそうでしたね。

 

そうこうしてると、やはり全国的に話題になっただけに静岡で開業準備中のある産科の先生がご厚意で数ヵ月だけ島に来てくれて、お産が再開となりました。私もそういうことならと覚悟決めて赤ちゃんを診るようになりました。初めの頃、その産科の先生は積極的で、多少のリスクがある妊婦さんでも本土に送らずに島で出産させようとしてくれてました。その気持ちは有難いながらもちょっと怖いくらいで、助産師さんも怖がってたので、私は意を決して「新生児は胎内で問題が無さそうでも出生して大きな問題が判明することがしばしばあること、生まれてすぐは軽症と思われてたのが後々脳性麻痺などで出生前後に問題があったことがわかるなどあるから、慎重を期して欲しい」と話しました。ケンカなったらどうしようと思ってたのですが、とてもよくわかってくださって安心したのをよく覚えています。

 

幸運にもスタッフにも恵まれ、私が赴任中に本土に搬送するような赤ちゃんはほとんどいませんでしたが、1人だけ重症仮死で生後1時間足らずで亡くなりました。「loss of variability, 基線細変動の消失」という私は教科書でしか見たことないような最悪の胎児心拍パターンで緊急帝王切開になり、生後かろうじて心拍があるだけの真っ白な赤ちゃんを、帝王切開の前立ち(産科医1人だから助手を他の外科医がやってた)してた泌尿器科医の先生と、偶然小児心臓外来に来ていた小児循環器の先生とで頑張って蘇生したのですがダメでした。あの時は多分本土でも救命は難しかったと思いますが、今思い出しても結構ショックな出来事でした。

 

結局私の勤務も終わる頃には、産科も本来の派遣元である島根県から2人も来るようになり、小児科も2人は必要だろクソ野郎と思いながら島を離れたのでした。

病気の子の安全のために印を付けるのは差別なのか?

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

当院ではまだまだ看護師と医療事務、脳波技師を募集中です。子供好きで一生懸命な方をお待ちしています。ご興味があれば、お気軽に連絡下さい。

 

先日、ある幼稚園で食物アレルギーで除去食対応を依頼した子は、食事が全て他の子と別テーブルで、食器の色も違うものを使わされると聞きました。また別の時にある小学校で足の不自由な子の帽子や服に印を付けて、他の子にぶつからないように気を付けるように促すという話を聞きました。てんかんの子がプールに入る時は他の子と違う色の帽子をかぶせられる話は昔から時々聞きますね。

 

これって皆さんどう思われますか?私は違和感を感じぜずにいられません。実は小学校の先生とは少しやりあったんです。差別的ではないですか?と。そしたら、妊婦さんや障害のある人が印を付けて電車に乗るのと何が違うんですかと。全然違う、それは妊婦さんや障害のある方が自主的にしていることであり、周りが管理するためにさせられているのではないです。

 

管理側が病気の子に印を付ける必要が本当にあって、それを保護者が納得しているなら良いのかもしれません。でも私は個人的に釈然としません。人権とか差別といった問題はあまり詳しくないので強くは言えないです、専門の方がいればご教授いただきたいです。

 

ただ食物アレルギーに関して言えば、どれだけ注意しても誤食でのアナフィラキシーは起きる時は起きる。大切なのはその時に速やかに適切な対応(救急車を呼ぶ、エピペンを打つなど)をすることです。食器の色を変えることよりも、いざという時のために訓練しておく方がずっと重要です。アナフィラキシーの際にも保護者や園医に電話で相談したりして、ろくにすぐに救急車も呼べないところが意外と多いです。

 

てんかんも確かに入浴時に発作で溺水した話はしばしば聞きますが、学校でのプール授業時に発作で溺水しそうになった話はほとんど聞きません。それぞれのてんかんの種類によっても運動時発作(さらに水中での)の起こりやすさも違います。一律にてんかんというだけで帽子の色を変えるのには賛成出来ません。私は、普通に子供たち全体を溺れてる子(てんかん発作と関係なしに)がいないか監視する大人がいる環境なら特別な扱いは不要としています。ただし中学校以上で水泳部に入るのは止めてます。

園児の治らない咳鼻は、

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

当院では現在も看護師、医療事務、脳波技師を募集中です。子どもが好きでやる気のある方をお待ちしております。興味のある方はご遠慮なくお問い合わせください。

 

咳鼻がずっと続いて治らない園児が増えています。RSウイルスの流行、急な気温の低下、花粉アレルギーなどが原因でしょうか、それに連日の運動会練習が拍車をかけている模様です。鼻炎だけならまだしも、ゼイゼイする咳が延々続いている子も多くてちょっと怖いですね、深夜にドカンと呼吸が悪くなるのじゃないかって。

 

「全然、薬が効いてないんだけど!」ってクレームみたいに言われる親御さんもまれにおられます(うちの患者さんは皆さんお上品なのでおりませんが(笑))。でも、そういう子のほとんどは咳鼻がひどいのに毎日登園して運動会練習もしていたりします。それではなかなか治りません。病気を治すのは薬ではなく人間自身です、特に小児科で出せるような咳鼻の薬は補助に過ぎません。出来るだけ安静にしていないと咳は続きます(治らないとは言いませんが、すごく時間がかかります)。保育園に毎日行きながら咳鼻の薬が効かないとクレームするのは、雨降りの中でする花火に火が付かないと花火屋さんに文句を言っているようなものです。

 

週単位で咳鼻がこじれちゃっていると1~2日休ませたくらいでは治らないでしょうし、親も仕事を休めないから咳鼻が出ても登園させないといけないという人も多いでしょう。だから、我々はそういう状況下でも何とか早く治す治療を考えていますが、せめて休日はお家でゆっくり過ごして欲しいなと思います。

デビューワクチンの予約が急に増えてきました

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

当院では看護師と医療事務を募集中です。子供好きで一生懸命な方をお待ちしています。ご興味があれば、お気軽に連絡下さい。

 

最近なぜだか急にワクチンデビューのご予約が増えて驚いています。ネットの口コミが増えた訳でも無さそうだし、生まれた産院もバラバラだし(ちょっと医大が多い気もしますが)で、理由がわかりませんが有難いことです。勧めてくれてる方がおられるなら感謝いたします。

 

2ヶ月のワクチンデビュー時から1ヶ月毎に診察させてもらえると色々良いことがあります。以前から書いてる乳児湿疹に軽いうちから介入(ステロイド治療だけでなく、保湿剤や身体の洗い方などといったスキンケア指導含めて)出来ます。全員が完全に乳児アトピーへの進展を防げるわけではないですが、だいぶ軽い湿疹に抑えられてます。あの開院当初にしばしば見かけた皮膚から汁が出てるようなひどい湿疹は全く見ることがなくなりました。湿疹以外でも、体重が増えていなさそうな子に栄養や授乳の状態を確認して助言出来たり(母乳相談は当院保健師が主にやっとります)、出べそになってきたけど圧迫療法を知らないお母さんに提案することも出来ます。首の座りや股関節の硬さなど気になってることもワクチン時でも相談いただければ、その場でちゃちゃっと診察してお答えできます。

 

ワクチンの時にワクチン以外のことを聞いちゃいけないことは全くないので遠慮せずに聞いて下さいね。時間がかかる内容の時はちょっとお待ちいただいて、他の待っているワクチンだけの人が終わってから対応いたします。

 

デビューワクチンは赤ちゃんを感染症から守るために(当院は感染・非感染で待合室を分けてますが、より確実に来院時の感染を防ぐために)、平日午後のワクチン専門時間帯をお勧めしてますが、平日昼は通院手段が無いなどで夜や土曜などを希望される方にも調整して接種していますので直接電話でご相談下さい。

インフルエンザ予防接種のネット予約を停止しました

こんにちは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

当院では看護師、医療事務、脳波技師を募集しています。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

今月初めからインフルエンザ予防接種の予約を開始し、出だしはそれほどではありませんでしたがするすると枠が埋まり、まだご予約でないかかりつけ患者さんの接種分が危うくなる可能性が出てきたため、ネット経由での予約をストップしました。ワクチンそのものの供給も昨年より少なくなるとのことですから、ネット予約の再開は難しいかもしれません。

 

今後は慢性疾患などで接種をしないといけないかかりつけ患者さんを優先していきますので、該当される方は直接窓口でご予約下さい。当院受診歴が無い方や普段他院をかかりつけにされてる方はお断りするかもしれません。申し訳ございません。

 

毎年、いくつかの何かしらのワクチンが足りなくなっていて、もうちょい計画的にやってほしいですね。化血研とか地震とか予期せぬ事情もあるのでしょうけど。

看護師、医療事務、脳波技師を絶賛募集中です!

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

開業して一番苦労することは人事とよく言われますが、うちでは幸いなことにこれまであまり困ることなくきました。もちろん退職するスタッフもいましたが、上手くスムーズに後任スタッフを採用することが出来てきました。それで何となく安心しきっていたわけですが、最近になり退職や勤務日数減少スタッフの補充のための採用が進まなくなってきました。とても焦っております。そこで、各募集職種のアピールをさせてもらおうと思います。

 

まず看護師です。当院は4人いて、この規模のクリニックとしては多い方ではないでしょうか。各勤務帯に2人勤務で患者さんの予診、診察介助、検査処置、治療の説明などをしています。ワクチン枠は3~4人で対応しています。最も力を入れているのが自宅での治療やケアの説明です。発熱、咳、嘔吐時など感染症症状の対応や、予防接種の詳細説明やスケジュールを立てたりといった内容です。看護師の中には、保健師やアレルギーエデュケイター(県内5人のうちの1人)もいて、乳児期の母乳や離乳食に関する悩みや、湿疹や喘息などの治療についても看護師レベルで十分対応できるようにしています。開院するまで多くの外来を経験しましたが、ここまで看護師が専門知識をもって患者さんに説明指導をして治療に関与しているところはほとんど無かったです。逆に赤ちゃんの難しい採血をしてくれたり、医師にお茶を出してくれたり、着替えの白衣を持ってきてくれたりと、至れり尽くせりしてくれる外来はありましたが当院ではそういうのはほぼありません。赤ちゃんの採血も患者さんを呼び入れるのも私自身がやっています。ですから、採用時点でこれまでの小児科経験の有無は問いません、一般的な小児科外来の看護師業務範囲と違っていて、一から覚えてもらうことが多く経験が有っても無くてもあんまり変わらないからです。ただし覚えることが多いのでやる気は必要です。医師の介助ばかりでなく治療に積極的に関わっていきたいと思っている看護師さんには力を発揮できる職場と思います。

 

あと大事な特色として、近辺では珍しく小児科クリニックで小児在宅医療を行っています。診療の際は看護師2人と私の3人で週2回訪問しています。また、現在発達外来新患は当院かかりつけ患者さんのみに制限していますが(それでも結構多い!)、発達障害診療も多く行っています。小児在宅医療や重症心身障害児医療、発達障害に興味がある方にもうってつけなのではないかと思います。

 

次に医療事務です。現在6人いて20~50代と幅広い年齢層で仲良くやっています。クリニックではレセプトチェックを医師だけでやっているところもありますが、当院は全員にレセプトは見てもらいますし、その専門知識も持ってもらうようにしています。小児科ですが、てんかん発達障害といった精神科系疾患も多く、公費申請や障害者認定などの手続きにも精通していただきます。もちろんそういった専門知識だけでなく、待合室の患者さんに常に気を配り、困っていたらすぐに手伝いを出来るスタッフを目指しています。電子カルテなのである程度パソコン入力を出来ないと仕事になりませんし、医療事務経験は必須ではありませんがレセプトの基本的な知識がある方が望ましいです。

 

長文になってしまったので脳波技師は別の機会に書きます。看護師も医療事務にも共通して言えるのは、すでに持っている豊富な知識や経験や技術はそれほど重視していません。患者さんに優しくて、一生懸命でやる気のある方を求めています。ご連絡をお待ちしております。