栗東よしおか小児科の院長ブログ

滋賀県栗東市で小児科医院を開業しています。小児の発達、小児の病気、開業準備のことなど書いてます。

ここは院長ブログです。公式ホームページとインターネット予約はこちらへどうぞ。

栗東よしおか小児科 - 栗東よしおか小児科のホームページ

インターネット、携帯電話からの予約は以下のリンク(アイチケット)からお願いします。一般外来は当日の順番予約のみ、予防接種は60日前から予約できます。

http://park.paa.jp/clinic/1465/ ←インターネット予約はこちらから

一番情けないやつは誰か?

こんにちは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。まだまだ看護師、事務、脳波技師募集中です、よろしくお願いします。

前回に続き、子宮頚がんワクチンの話です。

私はね、子宮頚がんワクチンの副作用とされている症状のどこまでが本当に副作用で、どこからが無関係なのか?この真実はほとんど永久にわからないんだろうなと思うようになりました。最初はもう少し様子を見ていればわかってくることがあるのではと期待してこのワクチンの接種には慎重でした。でも、インチキの研究報告する教授がいたり、名古屋市の調査もいい加減だし、訴訟が起きたり、推進派と反対派の醜い中傷合戦を見ていると、これはダメだと。しかし真実はわからないけど、このままでは子宮頚がんは日本だけ減らないこと、いくらかは子宮頚がんワクチンの副作用が存在するとしても限りなく低い確率であることは、ほぼ間違いないと思うようになりました。それでこのワクチンを積極的に勧めるようになったのです。

私はHANS(子宮頚がんワクチン関連免疫異常症候群)という病名を提唱して、懸命に治療、研究をしている先生たちや、やはりこのワクチンはまだ慎重であるべきとして接種しない先生たちを批判する気にはならないし、村中氏のように脅迫されてもワクチンの必要性を表舞台で提唱し続ける先生たちももちろん尊敬します。

一番情けないやつは誰か?村中氏の記事に「いいね」して、HANSを提唱する医者をバカにして、接種勧奨を再開しない国を批判し、訴訟を起こした被害者団体を批判するけど、自分の目の前にいるワクチンを接種すべき女児とその家族に何も言わない医者だと私は思います。私たち市井の医者がやらなければいけないのは一人でも多くの女児にワクチンを接種することです。誰かを批判することじゃない。

国が勧奨しないワクチンを接種するのが怖いか?何かあった時に批難されるのが面倒か?そんなクズ医者はさっさと辞めていただきたい。

子宮頚がんワクチン接種の積極的勧奨(当院だけの)を開始して4か月経過しましたが

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。看護師、医療事務、脳波技師、熱く募集中です!

 

子宮頚がんワクチンの安全性、必要性を訴え続けてきたジャーナリストで医師でもある村中璃子さんが、ネイチャーという世界で最も権威のある科学雑誌から表彰されてのスピーチ全訳が出てたのでリンクを貼りました。これを読んで、やっぱり子宮頚がんワクチン接種しよう(娘にさせよう)と思ってくれる人が増えたら良いなと思います。

ジョン・マドックス賞受賞スピーチ全文「10万個の子宮」|村中璃子 Riko Muranaka|note

 

当院で子宮頚がんワクチンを積極的に勧めるようになって4か月ほど経ち、最初の頃はパラパラ接種される方がいましたが、残念ながら最近ぱたりと止まっています。勧めていて驚いたのは、話をした患者さん全員がこのワクチンに関する報道を知っていることでした。例えば、少し前にあれだけワクチン製造に関する不正を報道された化血研のことを全く知らない患者さんは結構おられたんです。だから子宮頚がんワクチンの騒動自体を知らない人もいくらかはおられると思っていたんですが、全員知っていて全員不安に思っておられました。

 

そしてもう一つ気付くのは、定期接種の期間が小6~高1というところで、公費接種が出来るギリギリまで様子を見ようとする方が多い。通常のワクチン接種を考えるときは、水痘でもB型肝炎でも、明日にでも感染するかもしれないから早く接種しようということになるのですが、子宮頚がんワクチンは性行為によってのみ感染するものですから、「うちの子はまだまだ幼いから、さしあたりそんなことにはならないだろう、急いで接種する必要はない」と皆さん思ってしまうのですね。高1になると感染してしまう前に接種するというより、自費接種になると3回で5万円近くかかることになるから、すぐに接種するかを考えるといったふうです。そうすると、接種を差し迫って考えてくれるのは高1くらいになってしまうのですが、さすがにうちは小児科だから高1の患者さんはかなり少ないのです。

 

いつの時代も親が思う以上に、子は心も身体も成長して行きますし、高校にもなれば感染する機会も出てくると考えるべきです。せめて中学のうちに接種して欲しいと思います。あと、高校生が受診するであろう内科とかでももっと勧めて欲しいですね。

 

食物アレルギーやアトピーを予防するために生まれてすぐからスキンケアをしましょう

こんにちは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。看護師、医療事務、脳波技師を引き続きまだまだ募集中です!

 

前回に続き赤ちゃんスキンケアの話です。生まれて半年くらいまでの乳児湿疹なら相当ひどくても、正しくきっちりステロイドを使えば皮膚だけに限れば治せます。ただ食物アレルギーが、乳児期の湿疹で荒れた皮膚が原因で後々に発症するという説(経皮感作説)が明らかになり、乳児湿疹の治療が皮膚の見た目だけの問題ではなくなってきました。その経皮感作がどの月齢から始まるかがよくわかってないのですが、生直後から始まっている可能性も否定出来ないので、目指すところは生まれてすぐから常にきれいな皮膚を維持することです。

 

私はおせっかいと思われてそうですが、2か月のワクチンデビュー時に保護者から何の訴えがなくても皮膚が荒れていれば指摘して治療を勧めています。でも、その時点ですでに食物アレルギーになってしまっているとすれば残念。出来る限り早く、軽症の段階で治療を始めておきたいところです。生後4週まででお宅訪問している保健師さんや、産院でアルバイトで1か月健診している小児科先生にもチェックしてもらいたいですね。

 

多いのは湿疹の前段階である乾燥肌に保護者が気付いてないケースです。「保湿剤は塗ってるんですけどカサカサが治らなくて」という方が多いですが、保護者がカサカサという認識している部分はすでに湿疹になっていて、保湿剤だけでは到底治らないステロイド剤が必要な状態になっています。で、カサカサと思っている部分以上のほぼ全身が乾燥肌になっています。もう一つ共通して多いのは保湿剤の塗る回数が足りていません。入浴後の1日1回しか塗らないとか何もしてないに等しいです。せめて1日3回以上、別に5回でも10回でも多すぎて悪いことはありません、保湿剤が早くなくなって困るくらいです。このブログで紹介したワセリンパックは保湿作用としては強力ですが、1日1回入浴時しか出来ないので、必ず日中は保湿剤を追加して下さい。

とっておきの乾燥肌対策!(と思う) - 栗東よしおか小児科の院長ブログ

どの状態が乾燥肌なのかわからなければ、オムツの内と外とを比較してみると良いです。オムツ内は乾燥しにくいので、皮膚の見た目や質感に差があれば保湿が必要ということです。使う保湿剤は、受診されればヒルドイドを出していますが、赤ちゃんにも使用可能とされている市販のものでも良いと思います。 

 

食物アレルギーの予防を視野に入れて生まてすぐからでも湿疹予防のために保湿をしっかりしましょうという話でした。保湿以前に体を洗えてない汚れが原因の湿疹(首、わき、耳たぶの裏、足の付け根などに多い)や、保湿剤の添加物にかぶれてる可能性もあり、ひどいときは受診するようにしましょう。

赤ちゃんのお風呂はぬるめ、短めにしましょう

こんにちは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。まだまだ看護師、事務、脳波技師募集中です、よろしくお願いします。

 

最近、湿疹が悪くなったという赤ちゃんの受診がとても多いです。でも受診時はそんなにひどくない、聞くとお風呂の後ですごく赤くなると。蕁麻疹が出たという訴えでの受診も多いです(ひどいときの写真を見ると蕁麻疹ではない)。

 

おそらくお湯が熱すぎます!!!寒くなりましたからね、よく温めないと風邪ひくと思われるのでしょうか、結構熱めのお湯に長めに入れておられるようです。赤ちゃんの皮膚は薄くて、大人でちょうど良くても熱すぎてダメージを受けますし(軽くやけどしているかもしれません)、乾燥から守る大事な皮脂も落ちてしまいます。

 

もうシャワーで洗うだけでも良いかもしれませんが、石鹸泡やしわの中の汚れの洗い残しが無いようにザブンと入るくらいはした方が良いでしょう。お湯は38℃くらいで良いと思います。40℃は熱過ぎです。大人だったら冷たくて風邪ひくかもしれませんが赤ちゃんはそのくらいで良いです。

 

世間で思われているほど、子どもが湯冷めや、寒い時に布団を蹴っ飛ばして寝たりすることで風邪ひくことはありません。ちなみに赤ちゃんに風邪をひかせたくなかったら家族が風邪をひかないこと(結局は誰かからのウイルス感染ですから)、部屋の空気を乾燥させずに温めること(ウイルスは低温乾燥環境で活性化するから)を気にして下さい。エアコンで部屋を暖めるとすぐに湿度は下がるので必ず加湿器を併用しましょう。

ちゃんと予防接種してるのに発症してる子が多い?保健所は医療機関のワクチン保存管理状況を確認指導した方が良いと思う

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。しつこいですが、看護師、事務、脳波技師を募集中です。

 

最近、ちょっと水痘が流行ってるみたいです。しかもワクチンをちゃんと2回接種してるにも関わらず発症してる方もちらほら見かけます。一定数は体質でワクチン接種していても効果がない方がいるのですが、ちょっと多い気がします。

 

それで気になってるのはワクチンの管理に関して、特に温度管理。ワクチンを保存するときの温度はワクチンの種類によっても違います。水痘やおたふくかぜワクチンなどの生ワクチンは5℃以下で凍結保存可ですが、ヒブや肺炎球菌などの不活化ワクチンは2〜8℃で凍結不可、インフルエンザやB型肝炎などは10℃まで大丈夫なようですがやはり冷凍不可です。理屈の上では全てのワクチンを2〜5℃で保存すれば良いのですが、なかなかに狭い範囲です。一般の家庭用冷蔵庫ではまず不可能でしょう。

 

当院では大学などの研究室用の保冷庫2台に保存しています。冷凍可能なワクチンは接種前までは冷凍で保存し、不活化ワクチンは庫内の場所によって間違えて凍結しないように少し高めに温度設定した保冷庫に入れています。接種直前のワクチンは全て同じ保冷庫ですが詰め込み過ぎて温度が上がり過ぎたり、逆に冷風が直撃して凍らないように気を遣っています。

 

医療機関によっては普通の家庭用冷蔵庫に無造作に詰め込まれてることもあるようです。インフルエンザワクチンくらいを余裕を持って入れておくには良いかもしれませんが(許容温度範囲が広いため)、生ワクチンを5℃以下をキープして保存するのはまず無理でしょうし、不活化ワクチンも詰め込まれて吹出し口の近くに置かれていたら凍ってダメになってるかもしれません。そういうワクチンではちゃんと水痘ワクチンを2回接種していても効果は期待出来ないでしょう。

 

現状ワクチンを仕入れてから接種までの管理は医療機関任せになっていますが、保健所などが各医療機関のワクチン保存管理の状況を確認指導をした方が良いように思います。折角、子どもが痛い思いをして接種するんだから、ちゃんと品質が保証されたワクチンを使ってあげたいですよね。

年末年始の外来診療時間が決まりました

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。看護師、医療事務、脳波技師を引き続き熱く大募集中です!よろしくお願いします!

 

年末年始の外来診療時間が以下のように決まりました。年末は29日は通常通り診療、30日は午前のみ、31日~2日は休診、3日は午前のみ、4日以後は通常通り診療いたします。

 

昨年と違い2日に外来が出来ません。後退と思うと悔しいですがこれが限界でした。一人で外来は出来ません。協力してくれるスタッフと薬局が必要なのです。いつか年末年始の皆さんが困っているときに、しっかり診療出来るクリニックになることを目指していきたいと思います。よろしくお願いします。

f:id:yoshisei830:20171201203339p:plain