栗東よしおか小児科の院長ブログ

滋賀県栗東市で小児科医院を開業しています。小児の発達、小児の病気、開業準備のことなど書いてます。

ここは院長ブログです。公式ホームページとインターネット予約はこちらへどうぞ。

栗東よしおか小児科 - 栗東よしおか小児科のホームページ

インターネット、携帯電話からの予約は以下のリンク(アイチケット)からお願いします。一般外来は当日の順番予約のみ、予防接種は60日前から予約できます。

https://park.paa.jp/park2/clinics/1465 ←インターネット予約はこちらから

今の状況で集団の10カ月健診に行きたくないって方へ、これだけとりあえず確認しておいてって話

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

昨日の続きです。10ヵ月健診を延期する場合に気を付けて欲しいことを書きます。まず、4ヵ月時と同じく体重です。体重増加が母乳(ミルク)による栄養から離乳食への移行が上手く行かず伸び悩んでいることがあります。特に母乳やミルクの栄養で体重増加が順調だった子ほど、離乳食を始める5ヵ月くらいから体重が増えてないことがあります。体が大きくなってないということは脳の成長発達に必要な栄養も足りてないということです。元気だから増えて無くても大丈夫とか勝手に解釈せずに相談してください。

 

そして10ヵ月で注意するのは男児の睾丸です。両方の睾丸が陰嚢の中に収まってるか確認してください。陰嚢の中に確認出来ずお腹の方に上がったままになってる、陰嚢自体が小さくて睾丸があるのかもわからないなどなら、停留精巣のことがあり、1歳くらいで手術が必要になることもあります。

 

股関節や頭囲については4ヵ月健診と同様なので省略。

 

10ヵ月も本当は運動や知能の発達も見ないといけないのですが、まあ個人差が大きい時期なのでちょっと遅れてるくらいでは経過観察になりますし、10ヵ月健診を1~2ヵ月延期するくらいなら問題はないです。

 

まとめると、①体重、②睾丸、③頭囲・股関節といったところでしょうか。ワクチンを推奨スケジュール通りに接種されていたら6~7ヵ月のB型肝炎を最後に1歳になるまで定期接種はないので、ワクチンのついでに診て貰うのが出来ませんね。でも、上記の項目は対応を数ヶ月遅れにはしない方が良いので、なるべく早く受診・相談してください。1歳半と3歳半はまた明日以降に。

 

今日も滋賀県でコロナ陽性者が増えてました。大津と草津の店舗従業員にも発生していますが、いずれも県外居住者だから滋賀県内のカウントに含まれてません。全国的には滋賀は少ないとはいえ、特段国境があるわけでもないですし、大阪、兵庫、京都が増えれば当たり前のように滋賀も増えていくでしょう。その中での学校再開。私の予想では再開してまた数日してすぐに再休校になるんじゃないかと見ています。

今の状況で集団の4カ月健診に行きたくないって方へ、これだけとりあえず確認しておいてって話

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

ここ滋賀県でも着々とコロナ感染者が増えてきていて、残念なことに隣の草津市クラスターが発生してしまいました。今の東京のような状態が滋賀にも近付いてるのかもしれません。

 

そんな中、来週から学校が始まります。休校になったときから明らかに事態は悪化してるのにどういう理由で再開になるのか、全く意味がわかりません。そして、もう一つ。当院の地区では乳幼児健診も3月に入り中断していたのが来週から開始になり、私も担当です。周辺も同様で隣の市では昨日から始まってます。中断した3月初めは幼稚園保育園もやっていたので、健診だけ中止するのはちょっと疑問でした。で、そのときから、どうなったら再開するのかと思ってたら、わざわざ感染者が増えてきたタイミングでした。地域によって違いましょうが、当地区では3月中止した分と合わせて、1回の健診におそらく対象者が60人くらいです、保護者や兄弟、保健師なども併せて150人近くが会場に集まりそうです。三密どころの騒ぎじゃない、子どもはあちこちよだれ垂らしなが動き回り、それを親が追いかけて、子どもはマスクなんてしてくれませんからね。もう私は行きたくないです(仕事だから行くんですけどね)。みなさんも行きたくないですよね。

 

健診の対象だけど、今の時期、そんなところに行きたくないんで延期しようと思われてる方に、それでも良いのでこれだけは確認しておいて欲しいことを書こうと思います(やっと本題)。今回は4カ月健診。

 

健診で医者が診るチェックポイントはたくさんあるのですが、異常があればすぐに対応しないといけないことと、必ずしも1~2カ月を争うものではないことがあります。

 

4カ月ではまず体重が増えているかが重要です。体重さえ増えていれば、心雑音があって心臓病が隠れてても、首が座ってなくて筋肉の病気や脳性麻痺があったとしても、重度のものではない可能性が高いです。体重はスーパーの授乳室などに体重計があることもあるし、ワクチンをされてる病院で頼んだら測ってくれるかもしれません(当院ではほぼ全例計測します)。身長は気にしなくて良いです、計測時の誤差が大きく、身長の異常だけなら経過観察になることが多いからです。母子手帳の成長曲線欄にプロットしてみて正常範囲を示す帯に沿って増えてなければ、かかりつけ医に相談してください。実際上は何かの病気より、母乳やミルクの栄養が足りてないことがほとんどです。

 

次は股関節。先天性股関節脱臼(現在正式には発育性股関節形成不全という)を確認するために、股関節が開くかを診るのですが、これは保護者の方には難しいと思います。ですので、両足を伸ばした時に足の付け根から太ももにかけてのしわに左右差がないかを見てください。極端な差があれば相談してください。ほとんどは抱き方などの指導をされて経過観察になるのですが、程度によっては装具など必要になります。一瞬で確認出来るのでワクチンのときにでも診てもらいましょう、このくらいのことを断られたら病院変えた方が良いです。

 

あとは頭囲。急激に大きくなってないか確認します。頭の後ろ一番出っ張った部分と、前は眉間を通るところでの周径をそのへんのメジャーで測ってみてください。体重同様に成長曲線欄の正常範囲を突き抜けて大きくなってたら、頭の中で腫瘍などが大きくなってることがあり緊急の対応が必要なことがあります。小さすぎるのも問題ですが、緊急性があることは少ないので次のワクチンのときか、健診を再開するときの相談でも良いでしょう。

 

もう一つだけ。眼です。眼の位置に左右差なく動くものを追いかけたり、眼の中に白い異物(腫瘍)が見えたりしないかだけ確認してください。

 

まとめると、①体重増えてるか?②足のしわに左右差ないか?③頭が急に大きくなってないか?④目の動きや位置がおかしくないか?あとはまあ、いろいろとありますが、緊急性と頻度を加味すると、とりあえず以上を最低限確認しておいてもらえば、健診が5,6カ月とかになっても大きな問題はないと思います。当院でワクチンしていて4カ月健診が延期になってる子(つまり5か月のBCGと四種混合のとき)は、全例上記に関してはささっと確認しております。

 

長くなったので1歳半と3歳半健診については改めて。

 

 

待合室がいろいろ変りました

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

新型コロナウイルス感染流行のため、軽度の感染症患者の外来が減少していることより、アレルギーや便秘などといった慢性疾患や成長発達のフォローの患者さんを重点的に普段より手厚く診れるようになってきました。当院は待合を感染用、非感染用で分けていて、感染待合は広い方(第1待合)を使ってましたが、上記のように患者さんの傾向が変わってきたことがあり、今日からひっくり返して、広い方を非感染待合に、狭い方を感染待合に変更しました(水痘やインフルエンザなどの強い感染性のある患者さんの隔離室は今まで通りです)。狭い方に感染症の子が押し込まれることを不安に思われる方もいるかもしれませんが、今は感染患者さんが少ないですし、比較的お待たせせずに診察出来てるので大丈夫です。ご心配なら駐車場の車内で待っていただくのもOKです。今後、コロナが終息して、他のいろんな感染症が流行して感染患者さんが増えてきたら、また戻すかもしれません。

 

もともと、ひたすら風邪ばかり診ては風邪薬を出すだけのクリニックではなく、疾患を診ながらも子どもの成長に寄り添える小児科クリニックを目指していたので、今の状況を良い機会と思っています。

 

あと、待合室および診察室のおもちゃやぬいぐるみのほとんど撤去しました。言うまでも無く接触感染予防の目的です。今までもおもちゃや絵本などは各勤務帯で拭き掃除をしていましたが、現在の流行状況を加味すると撤去が最善と考えました。ですので、なるべく待ち時間は少なくなるように努力をしますが、必要な方はご家庭よりおもちゃや絵本などをご持参ください。よろしくお願いします。

狭いけど換気効率はどこにも負けないクリニックです

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

コロナウイルス感染予防には換気が重要ということで、当院でも最近は30~60分毎に派手に診察室、待合室の窓を開け放って換気をしております。暖かくなってきたのでそんなに室温も変わらず出来るのが良いですね。心地よい風が抜けて良い感じです。重症花粉症の私としては花粉だけが懸念材料ですが仕方ありません。

 

他のクリニックや病院を思い出してもらえばわかりますが、待合室はともかく診察室って窓の無い部屋が多いと思いませんか?普通にクリニックを人の動線を考えて設計していくと、診察室は建物の内部に配置されることが多くて、実はかなり換気が悪い部屋になってしまうのです。

 

私はそれが嫌で、設計段階で待合室、診察室、処置室、隔離室など出来る限り大きめに窓をつけて、且つ窓を解放した時に空気が速やかに流れるように作りました。本当を言うと換気というより、自然の光を入れたかったというのが大きい理由なんですけどね。

 

今回のコロナ予防目的での換気に際してはとても効果的で、この設計にして良かったと思いました。よかったら公式ホームページ内のネット内覧会をご覧くださいませ。

ネット内覧会 1 - 栗東よしおか小児科(公式ホームページ)

ネット内覧会 2 - 栗東よしおか小児科(公式ホームページ)

 

f:id:yoshisei830:20200401193940j:plain    f:id:yoshisei830:20200401194012j:plain

卒業式や入学式が無くなったって、時間がたてばたいしたことではありません

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

結局またコロナの話に戻ります。感染拡大を少しでも減らすために、様々な人が集まる活動に自粛が求められていますね。卒業式や入学式や海外旅行とか。人生での大きなイベント、長いこと楽しみにしていたこと、多額のキャンセル料がかかるものなども。

 

こういう状況って、今回のコロナに限らず診療をやってるとしばしばあります。卒業式の前にインフルエンザになったり、海外旅行の前にてんかん発作を起こしたり。どんなに悔しくても、大金が無駄になっても、長い期間準備していたことだとしても中止しないといけないことがあります。後から振り返れば、別に中止しなくても良かったものになるかもしれないけど、もし強行してたら自分自身や周囲に多大な損害があったかもしれません。

 

中止したときは、とても悔しくて残念かもしれないけど、時間がたてばほろ苦い思い出の一つになっていくのだし、無駄になったお金はそのうち貯まってくるものです。でも命を失ったら決して戻ってこないし、他人を傷つけるなどで失われた社会的信用は簡単には取り戻せません。

 

「あ~、あの時はコロナで卒業式も入学式も無くなったんだよな、やりたかったな~」ってそれだけです。たいしたことないです。卒業した事実も入学した事実も変わりはないし、一緒に祝うはずだった先生も同級生も両親もが変わらず健康でいれたらそれで十分ではないでしょうか。

 

ちなみに私は小中高大すべての入学式卒業式、ほとんど記憶に無いんですがおかしいですかね?

赤ちゃんの保湿のちょっと具体的な話

こんにちは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

コロナ以外の話もそろそろ。保湿剤の話です。湿疹で定期受診している方にも、予防接種や他の理由で受診された方にも、保湿剤をもっと使うようにうるさいくらいに言っています。

・1日2回以上塗ること、1日1回じゃ塗ってるうちに入らない、1回と2回じゃ効果が4倍違うんですよ!(⇒ヘパリン類似物質に関してです)

・保湿剤なら何でもいいです、ドラッグストアにある子どもにも使えると書いてあるものならキュレルでもピジョンでもアトピタでも、何でもいいから。

・ただしワセリンは保護剤であってそれ以上乾燥しないようには出来るけど、保湿成分は無いから保湿剤としては使えませんよ。

・とにかくベトベトになるまでたっぷり塗るようにして。塗り過ぎて肌に悪いことはない、早く無くなってしまうのが困るくらいです。

などなど。でも、なかなか改善しない方が多くて。今回はもっと具体的に保湿剤について書いてみようと思います。

 

まず、外用量に関しては有名なフィンガーチップユニットという人差し指の指先から第一関節まで出した薬の量が0.5gくらいで、手のひら二つ分の面積の外用に適したものというのがあります。これはローション(乳液)では指の上からこぼれてしまうので、ローション(乳液)なら1円玉くらいの量が相当するっていうのです。でも、この説明で外用してもらっても十分でないことが多いです。

 

それで、もっと長い期間で検討してみましょう。6ヵ月くらいまでの赤ちゃんの全身を保湿すると1回4g(ローションでも4mlくらいでしょう)くらい必要とされてます、すると1日2回として1週間で4g/回×2回×7日=56g使うことになります。結構使うでしょう。産院でもらったヘパリン類似物質の25gチューブを何か月も使ってる方がいますが全然足りてません!

ヒルドイドサイト ヒルドイドの使い方:使用量の目安 / 医療関係者向け情報 | マルホ株式会社

 

次に何を使うかですが、本当に何でも良いです。よく病院で処方されるヒルドイド(ヘパリン類似物質)にこだわっている方がいますが、これは薬価がかなり高くてむやみに多く処方することの制限を国から求められています、最近は私も治療上必要な方にしか処方しないようにしています。どうしてもヘパリン類似物質が良ければ市販もされていますから。何でも良いと言われると逆に困るというなら、セラミドが昔から保湿成分として有名なのでそれが含まれているものにしたらどうでしょう、キュレルとかピジョンとかママアンドキッズのものなどに入っているようです。剤形はローション(乳液)よりクリームの方が効果のもちが良さそうですがベトベトしますし、コスパ的にちょっとお高いですね。これから暖かくなるしローション(乳液)で良いと思います。

 

200~300mlくらいのボトルで売ってることが多いので、上記の使用量計算で1週間で56g(ml)として1か月でボトル1本ですね。1か月で1本使い切るつもりで塗りましょう。コストはキュレルなら220mlボトルが1400円くらいですね。

花王株式会社 キュレル ローション [ボトル] 【医薬部外品】

 

もっとコストを抑えたいなら、夜は本ブログでお馴染みのワセリンパックをして朝は保湿剤でも良いとは思います。白色ワセリンは500gで1000円くらい。

とっておきの乾燥肌対策!(と思う) - 栗東よしおか小児科の院長ブログ

 

生まれて最初の5か月のスキンケアが、後の人生におけるアレルギー疾患マーチを左右すると言っても過言ではありません。頑張りましょう!