読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栗東よしおか小児科の院長ブログ

滋賀県栗東市で小児科医院を開業しています。小児の発達、小児の病気、開業準備のことなど書いてます。

麻疹ワクチンが接種出来なくて憤ってる大人たちへ

ワクチン勉強会 麻疹風疹ワクチン

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。

 

現段階で、今回の流行に備えて成人の方が麻疹または麻疹風疹ワクチンを接種しようとしても難しいでしょう。なけなしの在庫は、乳幼児の未接種児に優先的にまわされています。未罹患またはワクチン接種歴が2回未満の成人の方に出来るのはさしあたり感染しないように祈るくらいでしょうか。手洗いもうがいもマスクも麻疹の予防には何の効果もありません、インフルエンザとは違います。

 

問われるのは、この騒ぎが落ち着いてワクチンの供給が安定した後に、接種できなかった大人たちが接種しに行くかどうかです。2007年の麻疹流行時、2013年の風疹流行時、今ワクチンが無いって騒いでいる大人たちは何をしていたのでしょう?その時も同じようにワクチンが無いって騒いで、流行が終われば忘れてそのままだったのでしょうか。それとも自分には関係ないって無関心で過ごしたのでしょうか。2007年でも2013年にでも、後からでも麻疹風疹ワクチンを接種していれば、今回ワクチンを探してあちこちの病院に電話する必要もなかったのです。

 

麻疹も風疹も一生に何度も接種しないといけないワクチンではありません。流行がある度に気が付いて皆が接種していれば、それだけ未来の流行は抑制されるのです。いくら接種しても免疫がつかない方も、ワクチンそのものが接種出来ない病気の方もいます。その方々を守るためにも、今回の流行が終わった後でも麻疹風疹ワクチンを打ちに行きましょう。

 

追記:麻疹ワクチンではなく、麻疹風疹ワクチンを打ちましょう。妊婦さんとお腹の赤ちゃんを守るために風疹を流行させないことはとても大切です。