栗東よしおか小児科の院長ブログ

滋賀県栗東市で小児科医院を開業しています。小児の発達、小児の病気、開業準備のことなど書いてます。

発達について

なぜ小学1年生の夏休みがポイントなのか

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 前回の続きです。なぜ小学1年生の夏休みなのか。それはそれ以降も授業に参加出来ない、読み書きが出来ないことが続くと、今後の学業習得に大きく影響するからです。特に読み書きはすべ…

小学1年の夏休みまでに立ち歩きが続く、読み書きが定着しない子は発達障害を疑わないといけません

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 7月半ばとなり、もうすぐ夏休みですね。小学1年生はこれまでの人生におけるかなり大きな環境変化の中でよく頑張ったのではないかと思います。夏休みはゆっくり休んで、たっぷり遊んで、…

相手の目を見て挨拶なんか出来なくていい

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 この日曜は東京に乳幼児健診の研修に行ってました。講演者の1人は以前私が発達障害の勉強のため、外来に付いて教えていただいた先生でした。その講演の中で、健診の時に子どもと話すと…

発達障害の応急処置やトリアージが出来る小児科医が増えれば良いと思う

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 以下の記事、元ネタも目を通しました。発達障害者支援法が出来て10年たって、実態はどうなんってるかという報告ですね。ざっくりいうと、教育側には見逃すなよ、ちゃんと引き継ぎしろ…

発達障害のグレーゾーンと言われてる方へ

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 発達障害の診断に関してです。一昔前は発達障害には早期診断が大切と言われていました。当時から違和感を感じていましたが、やはり最近はあまり言われなくなりましたね。誰かが早期診断…

問題行動を放置するのが良いわけがない!

こんばんは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 現在発達外来は諸般の事情により新患をストップしているので、最近はあまり発達障害関係は書いてこなかったのですが、これだけはやらないで欲しいことでしばしば聞かれることを書こうと…

乳幼児健診はお母さんを安心させる場ではない

こんにちは。滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 もう開院して1年たったんだから、そろそろお前も協力しろという要請で今月から栗東市の乳幼児健診に行き始めました。これから毎月第2木曜午後に1歳半健診に行きます。 で、先日はそ…

生後1か月からの英才教育にどうでしょう

こんばんは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 草津近鉄のボーネルンドというおもちゃ屋があるんですが、普通のゲームや人形とかは少なく、いろんなパズルとかブロックとか職業体験できるお道具セットみたいないわゆる知育玩具がそ…

赤ちゃんの運動発達(首の座り、寝返り、歩行など)の遅れについて

こんばんは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 よくワクチンの時とかもそうですけで、健診で首の座りが遅いって言われたんですけど、とか、まだ寝返りしないのが心配なんですけど、といった運動発達に関する相談があります。勤務医…

発達障害を診る医師の役割は診断と処方だなんて、ちゃんちゃらおかしいですね

こんばんは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 ここんとこ冷え込むようになってきましたね。私は自宅から職場まで徒歩で5-6分かけて通勤してますが、朝はまだしも夜の帰宅時に風が強いと結構きつくなってきました。今日もこれから帰…

宿題の約束

こんばんは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 よく子どもが約束を守れないって訴えられる保護者の方がいます。具体的には宿題をしない、ゲームを止められないなど。それって約束? 約束ってのは当事者間で納得した上での決まり事の…

本当に学校の先生たちには頑張ってもらいたいと思ってます

こんばんは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 ついに小学生が大麻ですって。禁煙教育が十分でないって。いじめ自殺にしても無くならない。批判の矛先が教育現場に向くようなニュースが多いですね。 発達外来でときどき学校の先生も…

子どもの発達に悩んだときは(就学前編)

こんばんは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 週刊院長ブログです。はい、月刊にならないように頑張っております。 先日から発達外来初診は紹介状を持参出来る方のみにしたところ、やはり問い合わせがずいぶん減りました。それはそ…

子どもの発達に悩んだときは(就学後編)

こんばんは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 自分の発達外来を紹介状必須にしておいて、そのままなのも無責任なので、もう少しお話ししたいと思います。とりあえず就学後編。 就学後に子どもの発達に関して悩んだときは。。。まず…

発達外来に関する重要なお知らせ

こんばんは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 連投します。発達外来について。やはり、直前キャンセルも続き何やってるかわからなくなってきてます。ぽっかり時間が空く日がしばしばあるのに、初診枠は1か月以上先になってるという…

早期診断したってガンみたいに完治するものではありません

こんばんは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 昨日の続きです。最後の「結局、発達障害なの?どうなの?」ていう疑問が出るのは無理も無いんです。「発達障害は早期診断が大切」というのが、だいぶ誤解されて浸透しているようです…

自閉性を少しでも持っていれば発達障害なら、世の中み~んな発達障害です。

こんばんは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 スペクトラムという概念の説明に苦労します。唐突ですね、自閉症スペクトラムのことです。社会性やコミュニケーションの障害にこだわりや感覚異常、不器用さなどを併せ持つというのが…

発達外来のキャンセルに関してとても困っています

こんにちは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 発達外来なんですけど、予約の当日キャンセルや、連絡なしで来られない方が多くて困っています。てんかんとか喘息、アトピーでもそういう患者さんはおられますが、それらは一般外来で…

不登校と個別支援計画について

こんばんは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 そんなに毎回自己紹介しなくても知ってるよ、と思われてそうな冒頭の一文。なぜ、すべての記事にいちいち書いてるかっていうと、ブログ開始当初のSEO対策(インターネットの検索にひっ…

「楽しく穏やかな生活」以上のリハビリはありません

こんばんは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 うちの子は発達障害なのではないかというお悩みでの受診や問い合わせが後を絶たないのです。診察室に入った瞬間にほぼ診断出来てしまうほど典型的の子もいますが、実際私もその時点で…

不登校でお悩みのご家族へ

こんばんは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 連日、発達外来の問い合わせがあります。夏休みだから?内容的にはそういうわけでもなさそうです。なぜなら、かなりの率で不登校が主訴の方が多いんです。 登校しぶり⇒不登校⇒引きこも…

学業の大切さについて

こんにちは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。めっきり更新頻度が下がってしまいすいません、少しずつでも続けます! 発達障害において学業レベルを維持することに大切さは以前から書いている通りです。理由の一つは全ての発達障害…

本当に発達障害ですか?

こんばんは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 最近、忙しい日も出てきて、疲れ切ってブログ更新できない日が出てきてしまいました。どこまで毎日続けられるか頑張ってましたが、まあ疲れて無理して書いて、変なことを全世界に公開…

赤ちゃんタレントのレッスン

こんばんは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 今日、医院でTVつけっぱなしで仕事してたらですね、赤ちゃん子役の話をやっていて。見た方おられるでしょうか。内容はですね、一番の売れっ子の赤ちゃんタレントは「初めての人など、…

不登校の子どもにたちには

こんばんは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 発達外来初診は電話やメールで予約を承ってるのですが、不登校が多いですね。それも中学生、高校生とかも。さすがに高校生は成人科(精神科とか心療内科)をお勧めしてますけど。 一口…

ストラテラやコンサータで行動が悪化するときは

こんばんは。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 まあまあ久しぶりの発達障害の治療の話です。ちょっと難しくなったらごめんなさい、学校の先生やご家族には知っていて欲しいので、なるべくわかりやすく書きます。 ストラテラやコンサ…

半年待ちの発達外来を考える

おはようございます。 滋賀県栗東市の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 最近、更新が深夜になってしまいしっかり書けないので、今日は朝から書いてます。 発達外来初診がやはりどこも半年近く待ちになっているようです。滋賀医大発達外来も初診枠を…

学業は大切です

こんばんは。 滋賀県栗東市に4月16日に開院予定の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 学業は大切です。結論から始めます(単に構成が浮かばなかったからだけです)。不登校の子を学校に行けるようにすることより、特別支援学級や保健室登校の子を…

歩行器を止めよう

こんばんは。 本年4月に滋賀県栗東市で開院予定の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 歩行器ってありますよね、まだ自力で歩けない赤ちゃんを乗せて、お尻から体重を支えられた状態で歩くように移動出来るやつです。私はこれを使っている人は、正常な…

言葉の発達がゆっくりな子どもたちには

こんばんは。 本年4月に滋賀県栗東市に開院予定「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 育児において、「良かれと思ってやってるけど、実は子どもにとって全く良くないこと」は時々あります。いろいろありますが、今日はその一つをご紹介します。 言葉の…

大人のアスペの見分け方

こんばんは。 本年4月に滋賀県栗東市に開院予定の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。開院スタッフ募集してます、詳しくはこちらのホームページへ ⇒栗東よしおか小児科 - 栗東よしおか小児科のホームページ どこの社会でも、周りを困らせたり不快にさ…

こだわりは武器か足かせか

こんばんは。平成27年春に滋賀県栗東市で開院予定の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 だいぶ昔ですが、20歳過ぎの自閉症の男性を診ていました。毎回、診察室に入ると服を脱いで丁寧に畳んで体重を測ってました。こだわり行動の一つですね。その間、…

どっちみち決まってるかもしれない事ですから

こんばんは。 平成27年春に滋賀県栗東市で開院予定の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 私、臨床遺伝専門医なんてのを持ってるんですが、明後日、ノルマになってる研修会があって、今その準備中です。ベイスの定理(病気になる確率を数学的?に求め…

学校と保護者の中間からちょっと保護者よりで

こんばんは。 平成27年春に滋賀県栗東市で開院予定の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 昨日の話と関連しますが。我が子が学校で上手く行ってないときに、先生たちに対応、協力を求めるわけですが、時々トラブルになることはあります。学校は対応し…

不登校になってもいい状況でも登校し続ける子がいます

こんにちは。 平成27年4月に滋賀県栗東市で開院予定の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。発達障害に限らず、別の疾患で通院されてる患者さんにもよく「学校楽しい?」と聞くのですが、ときどき楽しくないと答える子がいます。理由は勉強がわからない…

母子同服

こんばんわ。平成27年4月春に滋賀県栗東市で開院予定の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎といいます。 漢方をかじってる人にはよく知られてますが、「母子同服」って言葉があります。有名なのは「抑肝散(ヨクカンサン)」という夜泣きや疳の強い子、我々…

ひらがなをまだ読まない時は

こんばんわ。 平成27年春に滋賀県栗東市で開院予定の「栗東よしおか小児科」の吉岡誠一郎です。 久々に発達関係。年中、年長さんで、まだ平仮名を読むことに興味を示さない(つまり読めない)お子さんがいたら、まず「しりとり」をしましょう。音韻とかモー…

悩みが無いのが悩み

悩みが無いのが悩みなんていう人がいます。本当に何の問題も無い人生を送っておられるのか、問題があっても悩まない良い意味で鈍感なのか、いずれにせようらやましいですね。 子育てに関しては、悩みが無いくらい上手く行ってたら、少し気を付けた方が良いか…

発達のスパート

また日付をまたぎそうですが、懲りずに書きますよ。 支援学級の話の続きです。実際、就学の半年以上前に、正確に半年後の発達段階を予想するのは難しいです。それはちょうど5-6歳頃に急に伸びてくる子が多いんです。3歳くらいに大きく離された分を、一気に…

支援級がそんなに嫌ですか?

ぼちぼち年長さんの就学判定の結果が聞かれるようになってきました。ここでいうそれは、発達障害の可能性を指摘されてる子が、小学校入学に際して地域の普通学級か特別支援学級か養護学校(特別支援学校)かが決まることです。そこでは頑なに支援学級や養護…

育て方で性格が変わるか?

発達の外来やってると、周りを困らせる子どもの性格は、育て方が悪かったからじゃないかと気にされる親御さんがとっても多いですね。それは違いますよ、なぐさめで言うんじゃなくて本当に違います。人の性格なんて生まれた時からだいたい8割方決まってるんで…

人に嫌われないために、その②

発達障害の子が人に嫌われないためにの第2弾です。 彼らが人から嫌われる要素で多いのが不潔感です、特に小学校高学年から中学高校くらい。他人からどう見られるかに関心が無いから、人前で鼻クソほじる、肩にフケを貯める、手の汚れを服で拭く、こぼしなが…

いつも笑顔の人になるには?

感覚統合療法ってのがあります。猛烈な批判を恐れずに思いっきりざっくり言うと、ちっちゃい時にトランポリンやボールプールに放り込んでおけば自閉症が治りますよっていう治療法。 私はこの感覚統合療法には懐疑的な上(だから)、実はよく知らないです。な…

人に嫌われないようにはどうするか

発達障害の子たちはしばしば人に嫌われます。好かれることもありますが、嫌われることの方が多いです。本人に悪気はなくても、人をイラつかせ不快にする言動をしてしまいます。それが症状だからです。風邪ひくと咳鼻が出るのと同じです。風邪の時の咳はいた…

ゲームがどれだけ上手くなっても

今しがた、長男にゲームを買うかどうかで、家族でひともんちゃくしたところです。 小児科の外来も長くやってると、子どもの行動に関する親御さんの様々な悩みに、ほぼほぼ何かしらの解決策を提案できるようになってきてますが、「ゲームを決められた時間で止…

目を見て話すのは基本ですか?

自閉症の子が乳児期から目を合わさないことがあるのは有名ですが、何も反抗の証しとして合わさないわけでは当然ながらありません。不安を感じるようです。 私はそういう子には目を見ずに話をしてます(身体は向けます)。家族にもあまり目を見ることにこだわ…

ほめられて伸びるタイプですから

ほめられて伸びるタイプなんです よく自分で自分のことをこう言う人いますね。私も含めてですが。だいたい「あんまり厳しく言わないでー」という心の声が伴ってます。私も含めて。 もともと日本人は、ほめられると「いやいや、そんなことないですよ」と謙遜…

子どもの語彙を増やすには

子どもの語彙を増やすにはどうすれば良いか?絵本の読み聞かせ。 私の発達障害診療の師匠はいつもお母さんたちに勧めてました。 毎晩寝る前に。お母さんが主導で読む。 子どもが絵だけを見たくなって、勝手にめくろうとしたら、本を閉じて視界から外し、「め…

幼いうちからの外国語教育は良いのか悪いのか?

昨日の続き。では、幼いうちから外国語を教えるのはどうなんでしょうか?話の流れ的には日本語の習得が大切なのだから、外国語などやってる場合かという話になりそうですが、そう単純な話でもなさそうです。日本語の語彙や表現の乏しい子に、特別幼い頃から…

日本語って、ほっておいても勝手に出来るようになると思っていませんか?

運動会はどんなことしたの?→忘れた~、ふつう~、びみょう~ 曲がりなりにも発達外来をやらせてもらっていて、診察目的で子どもと雑談します。ネタとしてはその時期に応じて、夏休み、運動会、お正月などどうだったか聞くのですが、事実を聞いているだけな…